海上自衛隊「いずも」型の"空母化"検討報告から見えてくるもの???!いずもかがの本格空母改造後は運用的にあと2隻必要だと思いま

海上自衛隊「いずも」型の"空母化"検討報告から見えてくるもの。いずも、かがの本格空母改造後は運用的にあと2隻必要だと思いますが計画できているのでしょうか?来年にも4隻体制に。「ひゅうが型」「いずも型」によって来年にも、日本の空母は4隻体制になります。空母が4 隻ある 。 新護衛艦「かが」に中国反発必至か 大きな「加賀」という艦名; 空母「遼寧」は帝国海軍「鳳翔」? 中国は大海原 。 大したコストの差は無いのだから戦闘機が発着できる本格的な大型空母を建造すべき。 あり 。 いずも型やひゅうが型は空母として今現在は運用出来ない。つまり現状 。 そして何より海自の主要目的たる「潜水艦狩り」を主任務として建造された4隻を空母に改造とか言い出してる時点で無能確定。

いずも空母化。見直される防衛大綱に、いずも型護衛艦を「多用途運用母艦」として事実上の空母に改修することが盛り込まれ、これにF-35Bを搭載すると報じられています。この場合、どう 。 以前、いずもの飛行甲板でV-22オスプレイが離着陸したことがあり、オスプレイの排熱に耐えられるのではないか? 。 しかし、仮に艦載機としてF-35Bが導入されるとなると、運用的には現用機の後継ではなく、新規の導入という形になります。

アメリカの強襲揚陸艦タイプになるんでしょうか?海上自衛隊「いずも」型の空母化検討報告から見えてくるもの。能勢伸之 ヘリ搭載護衛艦の「航空機運用能力向上」調査研究 検討の前提は、F-35B、 たった1機の運用 空母に必要な早期警戒機/ヘリについて記述なし 検討対象は「 ひゅうが型」「いずも型」の4隻 南北首脳 たった1機では、とても本格的な小型空母を想定しているとは言えないだろう。 つまり、将来の自衛隊のF-35Bを搭載する可能 。 が設定したものだろう。 残念ながら、「いずも」で、F-35Bを運用するためには、どんな改造 が必要か、の詳細は報告書の公表された部分からは明らかになっていない。

海自護衛艦「いずも」わずか31億円で「空母化」のワケ。 2018年末、ヘリ護衛艦「いずも」の、事実上の空母化は大きな話題となりましたが、その最初の年度の改修費用が31億円と計上されました。意外と少ないように見えるかもしれませんが、もちろんそこにはもっともな背景や理由があります。「いずも」空母化で。 垂直離着陸できる戦闘機を搭載する計画で、海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」型に内外の関心が高まって 。 海洋覇権国家を目指す中国が「遼寧」に続く本格空母を数年以内に相次いで就役させる計画もあり、アジア太平洋の平和バランスを保つためにもいずも型の活用が望まれる 全長は旧日本海軍の空母「加賀」とほぼ同等の248 メートル、幅38メートル 航空自衛隊との運用のすり合わせや飛行甲板補強、弾薬庫の改造問題もあるが、運用方法が増すことは攻撃側にとって厄介になる。

「いずも」空母化がもたらす3つのメリット:日経ビジネス電子版。ヘリ搭載の「いずも」型護衛艦に、戦闘機「F-35B」を搭載できるようにして、事実上の空母とすることを明記しました。F-35Bは 。 第1の本格的な紛争において想定できるのは、例えば太平洋上で海上自衛隊が対潜水艦戦を実施する際に艦隊の防空をするケースです ただ、STOVL空母があれば運用の柔軟性は高まり、選択肢は増えます 技術的なことはよく分かりませんが、この「いずも」の空母化は建造時から想定されていて実はかなりのF35B対応が既に組込済みではないかという気がします。

できてナイッス。ひゅうが型の後継艦の運用開始は2040年頃です退役予定の米軍の強襲揚陸艦買うんじゃね。来年か再来年に2隻引退だってよ。そもそも本格空母改造ではなく、必要なら搭載もできる程度の改造でしかないですまた専用空母になるわけでもなく、従来どうり輸送指揮、ヘリによる対潜広域哨戒も主任務になるので最低限のヘリ6機を積んだ場合は戦闘機1飛行隊15機程度も積めません米軍の4万t級強襲揚陸艦のように、空母として編成が基本ではなく、通常は対潜母艦として運用され、非常時に一時的な搭載ということですからローテーションに必要な数とか定数確保という概念は適用されないでしょう。米軍のアメリカ級、ワスプ級も通常の部隊編成に定数が組み込まれているわけでは無く、必要に応じて部隊に編入される方式をとっていますよくネットでは「空母の運用には3隻が必要」という記事を見ますけど、現実に空母の3隻ローテーションなんてやってる国なんてないんですよ。机上の空論です。強いて言えば米軍が原子力空母10隻で交互に整備してますけど整備中に他の艦隊所属の空母が転籍にして穴埋め編成されるわけでもないですし、他の国はそもそも空母3隻も持ってないです空母は広大な外洋で機動戦闘を行うには射程、哨戒範囲とも通常の艦隊に対して非常に有利ですが、日本の仮想敵は今はアメリカではなく大陸の国家であり、狭いシナ海や日本海での作戦にはあまり優位性がありません。まぁ、玩具感覚として「おらの国にも空母がある」というのはカッコイイと感じる感性はわからなくはないですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です