【成功したい人必見】土地の売却で成功するための6つのポイント???土地を売却するべきがどうか迷っています28歳の男です

【成功したい人必見】土地の売却で成功するための6つのポイント。土地を売却するべきがどうか迷っています28歳の男です。私の名義になっている土地があり、現在はコインパーキングとして運用しています。元々は祖父の名義だった土地ですが、祖父いわく「万が一にも自分が死んでから相続で揉めるような事があれば成仏できない」とのことで、父や父の兄弟姉妹叔父叔母や私含め孫などに、複数の不動産などの名義変更を行なっています。ちなみに現在も祖父はまだ存命ですが。その私の名義でコインパーキングとして運用している土地を買いたいという話があります。仲介として日本の企業が入っていますが、中華系の企業からの申し出です。こちらも司法書士など専門家に間に入ってもらっています。相手方が提示された条件はざっくりですが?パーキングの運営を委託している会社との契約は満了後で構わないまだ1年近くあります?現金一括で支払う手形などではなく?土地の評価額に基づいた一般的な売買価格に、向こう3年分の現在のパーキングの収益、その合計額に掛かる税金分と雑費代も加算して支払う上記のような提示でした。評価額や価格などは伏せますが、現在はそのパーキングからの収入としては、諸々差し引いた手取りで月に約45万円程です。条件だけを聞けば悪くない話だと思いますし、パーキングの運営会社の方からも特に異議はないと言って頂いています。近隣にもコインパーキングがあり、そこは父の名義ですが同じ会社に委託している事もあってだとは思います。ただ、学生時代の友人などに相談すると「中国企業」という部分で否定的な意見が多かったのです。私としては、他国の企業であっても分割や手形ではなくキャッシュでの取引ですし、こちらも専門家に間に入って頂いてるので、トラブルになるリスクは低いと考えています。また、相手企業は既に日本国内でも多数の不動産を所有しております。なのでやはり「中国企業」という国に対してネガティブな印象なのかなとは思うのですが…個人的には売却の方向に傾いていますし、好きにしろと言われればその通りなんですが、何の面識もない見ず知らずの方々はどういう意見をお持ちだろう?と思い、質問させて頂きました。売却すべきか否か、どう思いますか?

成功したい人必見土地の売却で成功するための6つのポイント。最後は、売却したい土地のパターン別に注意すべきことを紹介します 更地にかかる固定資産税は、家付きの土地と比較して6倍高いといわれています と、そのまま維持して住宅用地の特例を活用するのと、どちらが得なのだろうか」と迷っている方がいると思います できるだけ、古家付きの土地の売却を目指し、どうしても売れない場合は解体するかどうかを不動産会社と相談。

私であれば、まず祖父やの父親の意見を聞いてみます。○祖父はどういう考えでその土地を贈与してくれたのか○父親は今までの経験でこの取引をどう考えるのか貰ったものは自分のものなので、それをどうしようと自分の勝手だとは考えません。祖父や父がいたから自分はこの世に存在しています。土地を売却する際に注意すべきポイント。注意すべきポイントを理解して、不安を減らし、スムーズな土地売却を目指しましょう 権利部には所有者に関する事項や不動産に付随する権利について記載されています。 権利部は甲 。 土地の売却を不動産会社に依頼する場合は、使用承諾を取得する必要があるかどうか、不動産会社が調査します 迷ったら不動産会社にご相談ください。

もちろん祖父や父には真っ先に相談しています。祖父は「お前にあげた土地だから好きにすれば良い」父は「売るのは構わないが安売りはするな」との事で、読んで字のごとく好きにしろという感じです。また、今回の話が出ている土地以外にも2ヶ所の土地が私の名義になっていますが、そのうちの1つは諸々の事情で売らないように言われています。土地を売るか迷う。土地の売却を迷っている人へ。土地を売ることのメリットとデメリットを説明し、いまその土地を売るべきかどうかを判断する方法を教える。

土地売却完全ガイド知るべき全観点をやさしく解説。土地の売却では、流れや費用、高く売るコツや注意点を知りましょう; 解体するか迷って いるなら、まず古家付き土地として売れないか 。 本記事は土地の売却について解説をしますが、古家付きのまま売るかどうかを検討した章もありますので安心して読み進めて。売るか売らないかはあなたの判断だとして、間にちゃんとした不動産屋が入っているなら間違いはない最近、ちゃんとした不動産屋でも騙されてたニュースがありましたねものとして。 祖父はまだご存命だけどあなた名義の土地ということは、生前贈与されたということですよね。場所からして相当な税額になると思います。贈与税は贈与を受けた人が払うことになりますから、あなたが支払ったということですよね。 また、土地を売るということは譲渡所得税が掛かりますから、あなたが売った売ろうとしている金額から祖父が手に入れた金額売買契約書が見つからなければ売値の5%と不動産屋への仲介手数料、土地の測量費用などの必要経費を差し引いた額いわゆる譲渡益の15%+復興特別税+翌年に住民税5%が掛かります。 コインパーキングですから居住用財産の買い替えの特例なども使えません。余計なことかもしれませんが、私はそちらの方が心配です。

質問者さん自身は、現金さえ払ってもらったら、土地とは縁が切れるので、リスクは少ないと思いますが、土地を購入した人が、何に使うのかによって、その土地の周りの人に迷惑をかける可能性があります実際、後から来る人たちの性格次第では、ご近所トラブルが発生し、周りに迷惑をかけるという例がないわけじゃありません父親の駐車場もあるなら、その点も考え、慎重に決めることをお勧めします

土地は売るべき。-。 でしょうか。土地を売るべきかどうか迷ったとき、判断するポイントを解説します このように、土地を適切な価格で売りたい、将来所有する土地を活用できるかもしれない、というような理由から迷ってしまうことが考えられます。 ご自身の中。不動産売却の悩みをズバリ解決。-さらに相談する前に知っておきたい不動産会社が提供しているサービスについても紹介します これから不動産を売却する方の中には、「誰」もしくは「どこ」に相談すべきなのか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか あるので、少なくとも3,000万円以上で売りたい」といった要望や、「床に傷があるが直すべきかどうか迷っている」 といった悩み等、相談したいことがあれば遠慮なく伝えるようにしてください 境界が確定していない土地は、まずは境界確定することが売却の第一歩となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です