ユーラシアの地政学的環境と日本の安全保障!地政学ではリムランドを完全制覇した国は最終的にどうなるのでし

ユーラシアの地政学的環境と日本の安全保障。地政学ではリムランドを完全制覇した国は最終的にどうなるのでしょうか?アメリカ等がリムランドを全て衛星国にしてしまったらその後はどうなりますか?専門家じゃありませんが。恐らく、ハートランドを支配し、ワールド?ランドを手に入れます。リムランド。リムランド Rimland は地政学の用語のひとつ。ニコラス?スパイクマンによる造語であり、北西ヨーロッパから中東、インドシナ半島までの東南アジア、中国大陸、ユーラシア大陸東部に至るユーラシアの沿岸地帯を指す。ハルフォード?マッキンダーの主張した。

転機を迎えた日本の対韓半島政策。 地政学とは、「国の地理的な位置関係が政治や国際関係などに与える影響を研究する学問」で、英国やドイツ、米国などで 。 彼の主張は、日本がリムランドで帝国を建てようとした太平洋戦争の際に、米国が日本を破ったことで立証された。ユーラシアの地政学的環境と日本の安全保障。筆者は『海洋安全保障季報』13号および15号の拙稿でも地政学やシーパワーseapower:広義では国家が海洋を利用する力論を 。 スパイクマンは、海洋国家と大陸国家が衝突する沿岸地域であるユーラシアのリムランドを支配するものが、世界の行方を決めると主張した 一般的にはほとんどの国が、海洋国家と大陸国家両方の性質をある程度持ち合わせており、完全な色分けは難しいが、地理的な環境や国内。

地政学と世界観。一次大戦の頃からたくさんの戦争がありました。20 世紀というのは本当に戦争の世紀です。なんで戦 。 ではソ連のアフガン侵攻があり、湾岸戦争があり、そして 9。11 のあとイラク戦争があり、シリアの泥。 沼の戦争 。 たのですが、カナダとイギリスに留学し地政学というものを知り、日本人に教えようとしてブログ等で 。 当時すでにアメリカが完全に制空権を握っています で、リムランドに基地を展開すべきだと言いました A:戦前の日本がドイツ地政学にはまり過ぎた、あれで国を滅ぼしてしまった、という苦い教訓がある。

朝鮮戦争と日本。ーファー等の地政学理論18が注目され、ハートランドの大国が世界制覇を目指す一方で、。 これに拮抗してマハンの海洋戦略19がバイブルとなり、リムランド国家が海洋の制覇を志。 したのであった。そして地政学理論至国家戦略という文脈では、究極的にドイツ。平和の地政学。平和の地政学』The Geography of the Peaceとは1944年に出版された政治学者ニコラス?スパイクマンによる地政学の研究である。 スパイクマンは1943 。 最も完全な地図は地球儀であるが、平面図とするならば地図学の一般問題として距離、方向、形状、領域に歪みが生じることは避けられない。地図は 。 この包囲は中心国を設定した場合に周辺国からのパワーの影響を受け、それは地形学的な交通路や障害地域により左右される テキストはクリエイティブ?コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です