文化の発展に寄与していれば何したっていいんだよ?著作権法の第一条には文化の発展に寄与することを目的とするとあ

文化の発展に寄与していれば何したっていいんだよ。著作権法の第一条には文化の発展に寄与することを目的とするとあります。ところが最近のダウンロード違法化など、国民全員をいつでも容疑者とできる言論封殺に近い内容が法律として成立しようとしていて、著作権法は文化を守っているのかはなはだ疑問です。いっそのこと無くても良いのではないかと思うぐらいです。元々お金にがめついJASRACや先日の強い女メーカーなど金銭を要求する要望は守られ、まるで作者による取り立て文化こそが守られるべき対象であるかのような運用です。著作権法が守ろうとしている文化は利用者の文化とは程遠いように思いますし今の時代には全くあっていない時代遅れの遺物です。にも拘らず先日あり得ない意見に遭遇しました。こちらのブログに書かれていたのですが、第三者の考える「文化」の普及と違うからといって責められるいわれは無いなどと断言しています。読んだ瞬間怒りを覚えました。この国は民主主義です。一般の人々が広く考える文化と作者の考える文化が違うのなら少数派は多数派に従うべきです。文化は多くの人の生活を指す単語なのですからなおさら個人の意見や考える文化が最優先されるのはおかしな話だと思いませんか!?ましてやこの人のようなアダルトサイトを運営するような底の浅い人が語る文化に価値はないと思います。作家はこの国の王様ではありません。文化を破壊する著作権法は一度廃案にすべきです。

著作権法。著作権法明治三十二年法律第三十九号の全部を改正する。 目次。 第一章 総則。 第 一節 通則 第一条-第五条。 第二節 。 これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。1.著作権法は何のためにあるのでしょうか。さて、日本の著作権法第一条は、著作権法を何のために作ったのか、その目的が書かれています を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

文化の発展に寄与していれば何したっていいんだよ。もちろん本をパクッてない方ですするとですね、「著作権法の前文読んでないでしょ? 。 第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を 。 文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。著作権法。Section 1 General Rules 。 物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

著作権は誰のためにある。著作権法をよく読めば、文化的資産でもある著作物が多くの人々に利用されるように、 さまざまな配慮がなされていることが分かるでしょう 著作権法の第1条をそのまま引用します 作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与する ことを目的とする 学校教育での利用著作権法第33条?第33条の2?第34条?第35 条など。

著作権法の目的:著作権を考える前に。著作権法の目的。 1 著作権法第1条この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もって文化の発展に 寄与。著作物が自由に使える場合。著作権法では,一定の?例外的?な場合に著作権等を制限して,著作権者等に許諾を得ることなく利用できることを定めています第30条?第47条の8 とすると,文化的所産である著作物等の公正で円滑な利用が妨げられ,かえって文化の発展に寄与する ことを目的とする著作権制度の趣旨に 。 第31条, [1]国立国会図書館と政令施行令第 1条の3で認められた図書館に限り,一定の条件注4の下に,ア利用者に提供するため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です