第5話「石田三成が人気の秘密」???石田三成を否定するおバカな方々はなんなんでしょうか

第5話「石田三成が人気の秘密」。石田三成を否定するおバカな方々はなんなんでしょうか?最近、石田三成について「じつは三成も秀吉の遺言や掟状を破っていた!」や「三成も権力欲があった!」「三成が豊臣政権を潰した!」「淀殿に謀反と断定された!」「関ケ原の戦いは政権内の権力闘争」などの否定的な見方をする方が居ます。しかしこの遺言破りや掟状破りは当時、問題にもなっていませんし権力欲にいたっては実際、三成が政権のトップに就くことこそ豊臣政権にとって良いことだと言えるでしょう。また「淀殿」は右も左も解らない方でその言を信用することはできないと解りますし、政権を潰したという意見にはそれこそ笑止と答えて良いでしょう。権力闘争にいたっては清廉潔白な石田三成へのアンチの回答とすべきです。少し考えれば解りそうなものですが、ここ最近の石田三成への上記の誹謗中傷は目に余ります。またその質問に釣られて三成を中傷される方も居られ言語道断と言えます。この否定論者たちはなんなのでしょうか?清廉潔白で文武両道の名将戦上手とは言っていません。である石田三成を汚すかのように、なぜ否定するのでしょうか?教えて下さい。大変失礼ですが皆さんは三成を知るにあたり、中野等氏の石田三成伝や歴史群像「石田三成―戦国を差配した才知と矜持」「義に生きたもう一人の武将 石田三成 三池純正氏」など読んだり勉強はなさっているのでしょうか?こういった最近の書籍を読んで石田三成を学んでほしいなと思います。

三成はここ20年きちんと見直されているよ。特に近江では三成後に入部した井伊よりも尊敬されている。最近では「石田三成公」とも呼ばれているしね。徳川家康をして「わが徳川家にあれほどの忠臣はいるだろうか」なんて文献も出ている。秀吉との出会いの逸話よりも、いかに近江で善政を敷いたかの逸話も次々と出ているしね。戦下手と言うけれど、関ヶ原では黒田を始め約2倍もの敵と互角以上に戦っているし、島左近、蒲生頼郷、舞兵庫などなど他家から羨望されるほどの猛将も居て決して弱くはなかった。なにより農民である足軽雑兵が日頃の三成への恩義から必死に戦っていたからね。大谷吉継のように、友のために死のうなんて武将も居た。江戸期に林羅山などが時の徳川家に取り入るように豊臣及び石田三成を貶めるような創作話を作り出したものだから、それが長きにわたっての間違った三成像を想像させちゃったんだよな。まあ今では「それは違う」という事が次々と明らかになってきたことは大変良い事だけどね。それにさ、19万石の小大名が200万石ともいわれる徳川家と少なくとも数の上では同数以上の兵力を関ヶ原に集めたなんて、その智謀も並みじゃないと思うよ。

石田三成。石田三成とは、安土桃山時代の武将?大名で、豊臣秀吉に仕えた戦国時代の武将。 家紋は「大一大万大吉」、「九曜」、「下り藤に石」など。?佐和山の狐?と呼ばれることもある。 石田三成史実 生涯 -生誕:永禄3年1560年 -死没:慶長5年10月1日1600 年11。第5話「石田三成が人気の秘密」。戦国武将の石田三成の旗には「大一大万大吉」という文字が書かれていて、ゲームの中での三成は、その言葉を実現するために奮闘する 。 ゲームキャラを全否定される じゃあ、三成のどこが好きなんだ?」 。 能力もないのに家康に逆らった馬鹿な悪役で。

回答ありがとうございます!そうですね!石田三成は見直されていますが失礼ですが知識教養が無い方が日本には多いのか「歴史修正主義」といい歴史認識に間違いが多いと言わざるおえません。多くの方が清廉潔白で文武両道の名将である石田三成の真実の姿に早く気が付いてほしいと願います。刀剣ワールド石田三成。三献の茶」と言われる、豊臣秀吉と石田三成のエピソードをきっかけに、石田三成はのちに五奉行となり豊臣政権の中核を担い、太閤検地、朝鮮出兵などで活躍しました。 そんな石田三成の 。 しかし、この三献の茶には諸説あり、舞台が大原観音寺でなく古橋法華寺とする説や、この説を否定する説も存在 その後、石田三成は捕縛されている様子を見物しに来た小早川秀秋に、「お前が裏切るとは思えなかったのは私が馬鹿だった。

戦国武将に学ぶコミュニケーション術。 1598年に豊臣秀吉が死んで以来、徳川家康派と石田三成派の対立が激しくなってきました。 三成は家康の策謀で 。 的な物言いを心がける。 何かを言ったときにいつも、「 否定する」、「説教する」、「バカにする」上司には誰も話そうとはしません。三成コラム『秒速で1億円稼ぐ武将。おもに映画などを紹介する記事を書いているのですが、今回、その記事を読まれた方から、滋賀県を代表する武将である石田三成を紹介するコラムを書いて欲しいと依頼を受けました り」ってなんなんだ、なにをもって「り」なんだと思うと全く筆が進みません。

そういう排他的で他を見下すような発言をするから恨みを買うんですよ最近、数年前の石田三成ブームが去りより専門的に史料考察がなされた歴史考察の中で石田三成もより史実に基づいた人物像になってきたという事でしょう。そして書かれていることを見ると要は「遺言破り」や「掟破り」に石田三成が豊臣秀吉死後に「権力闘争」を行っていたことは貴方も認めているのですよね?現在の歴史考察と貴方の頭の中の「清廉潔白で文武両道の名将戦上手とは言っていません。である石田三成像」がズレてきたために発狂しているようですが冷静になって歴史考察をすることをお勧めします。

『真田丸』感想レビュー第32回「応酬」。 真田丸』感想レビュー第32回「応酬」 ジリジリと追い詰められ、胃のキリキリする秋がやってくる。 お好きな項目に飛べる目次 [とじる]。 出浦は生き 。 ハイリスクなんですねぇ。 真田丸出 。 石田三成のそばにいて、彼を支えるアシスタントになりたいと志願するのです。 「犬伏の 。 と何か含ませ否定とも肯定ともとれる曖昧な返事をします。 政宗は 。 お前は築城も内政も結構いけてるし、ただの戦バカではない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です