1からnまでの和を求める公式???!1から指定された整数までの和を求める関数

1からnまでの和を求める公式。1から指定された整数までの和を求める関数 sum を作成し、この関数を用いて入力した正の整数までの和を求めるプログラムなのですが、紫色で線を引いた部分が理解出来ません。何故出来るのか、教えて下さると嬉しいです。また、初心者なのでなるべく簡単な説明だとありがたいです。ワガママ言ってすみませんが、お願い致します。第7回。例1から,入力した値 n までの和を求めるプログラムを作成せよ. 。 #include stdio。hvoid main { int i, n; printfn=; scanf%d, n; i = 1; /* カウンターの値を1に */ whilei = n { /* カウンターの値が n 。 式1, 初期値設定, 繰り返し実行の直前に1度だけ実行される. 。 #include stdio。h /*printfなどの命令を使うためのファイルの読み込み*/ #include math。h /*sin関数など数学用の関数を使うためには必ず 。 データの例:5データ件数,これは整数,続いて 10。2 9。8 3。3 8。4 11。9 と順に入力すると,合計は.

C++。書式指定子に注意下さい。 なお、0が入力された時の振る舞いにも注意下さい。閑話休題 他に、整数のオーバーフローもあると言えばあります。googleさえ見落とした不具合ですし、初心者に求めるのは明らかに過剰です n; scanf%d,score; // overscore; // over関数内で return を呼んでもその関数を抜けるだけです。 if ! IsOverflowscore // if it is 。 できるのはC++です { // C ではその記法を用いるとエラーになります answer = answer + i; } printf1から%dまでの合計数値は%dです。

一部 – sum2の戻りんとこ – まちがってんね。訂正?再掲。 m__mmain????sum10????????sum9????????????sum8????????????????sum7????????????????????sum6????????????????????????sum5????????????????????????????sum4????????????????????????????????sum3????????????????????????????????????sum2????????????????????????????????????????sum1????????????????????????????????????????–?1????????????????????????????????????–?2?+?1????????????????????????????????–?3?+?3????????????????????????????–?4?+?6????????????????????????–?5?+?10????????????????????–?6?+?15????????????????–?7?+?21????????????–?8?+?28????????–?9?+?36????–?10?+?4555

[Excel2013。繰り返しのあるプログラムを記述するための例題として、 「1 から n までの整数の和 S を計算する」プログラムを考えてみよう。 この問題は、実は数学の公式 S=nn+1/2 が分かっているので、実を言うとわざわざ繰り返しを使わなくても計算できる。 例えば、1 から 10 までの 。 その後は、「S = S + x」という命令が x が 1 から 10 の範囲で実行されていることがわかる。 これにより S に 1 から 10 。 このように、変数 x が指定の範囲1 To 10にある範囲だけ、 x を 1 増加させながら命令が繰り返される。 「s = s + x」のように。

C言語。ここでは1から入力した自然数までの総和和を計算するサンプルプログラムを紹介します。 例えば、「30」という自然数を入力すると $$ 1 + 2 + 3 + cdots + 29 + 30 = sum_ {n=1}^{30} n $$ といった和を計算するプログラムをみていきます のインストール – Xcode – Command Line Tools#include stdio。h と printf 関数 – プログラムの基本変数の値を出力 – printf 関数関数を呼び出す方法 – 引数あり&戻り値なし 。 「-1」は、負の整数なので自然数ではありません 入力された数が自然数かどうかを確認 */。

再帰呼び出しだな。関数が自分と同じ関数をよびだすわけだ。引数が1のとき。条件文よりそのまま1が返される。2のとき、条件式ではelse部分が実行される。そこでsum2-1 + 2 が返される。sum2-1ということはsum1だ。3のとき、sum3-1 + 3が返される。sum2の結果は上のとおり。引数が大きくなるとそれだけ多くの回数だけsumが呼ばれる。

sum1 = 1sum2 = 1+2 = sum1 + 2sum3 = 1+2+3 = 1+2+3 = sum2+3sum4 = 1+2+3+4 = 1+2+3+4 = sum3+4sum5 = 1+2+3+4+5 = 1+2+3+4+5+5 = sum4+5以上のように、sumnはnが1のとき1、nが1より大きいときsumn-1+nと表せます。これをC言語のプログラムで書くとご質問のようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です