「小説の視点となる人物を決める」ってどういうこと…一人称の小説を書く際タブーとされていることをできるだけ教え

「小説の視点となる人物を決める」ってどういうこと。一人称の小説を書く際、タブーとされていることをできるだけ教えてください。小説講座。一人称小説とは、物語内で起こる出来事を見つめている人物、あるいは当事者の目線で進む小説です。 その目線を持つ 。 視点人物になったつもりで書くわけですから、見たり聞いたりしていないものはわかるはずもなく、ゆえに書けないのです。 感覚だけでは。

円地文学における戯曲から小説への転換:。ているが、「自由に書けること」は、円地の小説においてどう応用されているのかは、しば 。 半分以上が小説の執筆活動で占められているということは、小説を書くことが円地にとっ。 て非常 。 そして、このようなひもじさを満たす唯一の方法は、書くこと 。 一人称、 つまり登場人物の語りに依存し、視点を自由に移動させることができない あらし」のような戯曲形式を持つ作品は、会話の文から成り立っているため、タブー。

独白形式である事から語り手が知覚できない事は書いてはいけない。ただし、結末における補足、視点変更が行われた場合はこの限りではない。語り手の身長や体重、傷害の有無、価値観や倫理観により能力は限定される為、語り手の能力を超えた言動を書くことはできない。他の人称を混ぜて使ってはいけない。成功例もあるが基本的にはタブー視されている。視点変更を行う場合、地の文が同一の場面で視点が違う人物へ変えてはいけない。基本的には地の文は語り手の推測でしかない為、後に確定した状態にならない限り、事実として書いてはならない

小説の一人称視点や三人称のタブー。一人称小説を書いているけど主人公のいないシーンがどうしても必要になった。少しの間だけ視点担当 。 視点の悩みというのは、タブーを知らないから起きるわけではありません。知っているけどやり 。 もう全部やり尽くされています。 主人公を「ボクは」 。 書くことがないからやたら登場人物を増やして、とにかく頻繁に視点を切り替えて話を膨らませようとします。 昔からよくある失敗。

3。一般的によく使われている「一人称小説」「三人称小説」といった分類は、語り手の立場によって分類したものである もともと「何人称視点」という用語は、「地の文が誰からの視点で書かれているか」で分類されていた 先にも書いたように、小説の視点 らしきものは「語り」が作り出すもので、何人称視点で書くにしても、語り手を必ず通すことになる 例文は視点の混在がタブーでも高度でもないことを示すことが主目的で、 技術的な仕組みがわかるように書いたために効果は充分に出ていないが、。

作者は「物語を俯瞰している」状態を経由してから、この物語を「どんな筆致で、どんな切り口で」見せるか考えているわけなんだ。必要とあれば、Aの視点から、Bの視点から、また客観の視点からテキストを書いてみたりもする。これは映画におけるアングルチェックみたいなもんかな。ここから導き出された語り手の場合、その意図から外れることはないんだよ。でも、君も含めて人称ありきの人人称ありきの人でなければ、こんな質問は出てこないの場合、以上のプロセスがないんだよ。一人称の語りの場合その語り手の知覚できないことは書けない、あるいは推測の範囲内にするってルールに合わせようとする。これが、以上のプロセスを経ていない人の考え方。あえていうと、才能のない方と言って良いと思う。プロセスを経ている発想は、この出来事とあの出来事は読者にはっきりと明示しないほうが良いな。と、なるとこの語り手の一人称にすれば、明示しなくても無理のない展開になるぞ、となるわけね。その語り手の知覚できないことは書けない、あるいは推測の範囲内にすることが目的になっているんだから逸脱のしようがないんだ。人称を決めてルールを守るのではなく、演出の目的ルールから人称が決まる…………ようになったら、君にも少しばかりの可能性が生まれるのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です