【削除確定】幸福の科学総裁?大川隆法氏の長男の宏洋登場、幸福の科学の長男が堕落した件ですがこれは教団もものすごく

【削除確定】幸福の科学総裁?大川隆法氏の長男の宏洋登場。幸福の科学の長男が堕落した件ですが、これは、教団もものすごく持ち上げてましたよね。はっきりと天才と書いてある。今になって、「実は才能がなかった」だの「実は演技力不足」だの「慈悲で任せてやった」などと悪態をつくんだったら、当時から、天才などと言うべきではなかったんじゃないかと思うんですがどうでしょう。持ち上げたんですよね。もてはやしたんですよね。本来はいいことも、人時所を間違えると悪になると言うなら、まだ駆け出しの、褒めるべき時期にない人を褒めた、天才と讃えて、褒めちぎって、増長させた。増上慢にさせた。このことまで、全部、長男の責めに帰しているのは、違うんじゃないかと思うんですが。「智恵を持って与えよ」と言うならね。智恵が足りないんじゃないですか。

ちらっと話に出たりだったのですが、お釈迦様の実子のラゴラって、〉釈迦の実子である羅睺羅は出家して教団に入りましたが、仏弟子最高位の舎利弗の直接指導を受けると云う特別待遇に浴していました。王宮育ちのこともあって、相当な風当たりも強かっただろうと想像に難くありません。釈迦の実子であることを鼻にかけている。横着である。嘘つきである。師匠である舎利弗を軽んじている。このような告口が釈迦の耳にも入るようになりました。そのような話を聞き及び、釈迦は羅睺羅に教戒しています。羅睺羅は、釈迦の実子と言う教団内の重圧に耐えて他の仏弟子達に非難されないように修行に取り組み「密行第一」と呼ばれる十大弟子の一人に数えられる聖者阿羅漢果の域に達したのです。上記の様な方だったんですね?書籍で確認したりなだけだったのですが、私は、後半の印象しか知らなかったです。深い物がありますね。

hosって人、病院行かなくていいの?確認の際によく指摘される項目。これは面白い! 強欲で好色下品な父、フョードル?カラマーゾフ。放埒で堕落した生活から抜けられない直情型の長男ドミートリィ 君子とされるゾシマ長老が、出家したエピソードをゾシマ長老の遺訓としてカラマーゾフ家の三男アリョーシャが語る中巻 科学万能の時代になろうと、社会主義が成功して書かれた当時はまだロシア革命は起きていない物質の心配がなくなろうと、良心それぞれ 。 こんな感じです。物語は始まったばかりです。これからどうなるのか分かりませんが、超大作の臭いが強いです。 続きを読む。

実際教団映画に出て、「俳優」と名乗るのは詐欺行為にあたるように、教団のつくった映画に出ても、俳優とは呼べないのはみなさんの「常識中の常識」であって、つまりあの映画は、完全に趣味でつくったものであり、ある幸福信者さんがいったように、映画ではないんですよ。ですから、世間では大川宏洋はいっさい俳優とは認められていないわけで、こうしたことを宏洋さんともあろう天才が分かっていなかったのか、どうかなんですが、いずれにしろ、ユーチューバ―として活躍している宏洋さんは天才といっていいのかもしれません。

削除確定幸福の科学総裁?大川隆法氏の長男の宏洋登場。この5年間くらいで一番びびったわww 初の著作「しょぼい起業で生きていく」が12/16に 発売されます。こちらもよろしくお願い 。幸福化学に完全に洗脳されてる人がメールしてきて、聞いてもないのにヒロシは「才能がない」「アスペルガー」「知恵遅れ」「幸せじゃないから暴れている」「イタイ人」「悪魔が入ってる」などさんざん悪口言ってたよ。流石に会ったこともない人に対して大川先生がこう言ってたから!って理由だけでここまで言えるのかと??幸福の科学の信者だったけど流石に今回で目が覚めたわ。さようなら幸福の科学と友人よ。

幸福の科学が大川宏洋氏を懲戒免職処分。-幸福の科学は、25日付で、大川隆法総裁の長男であり、かつて教団の理事長職にあった大川宏洋氏を懲戒免職処分とした と題する動画をYouTube上にアップしたことを皮切りに、大川隆法総裁や教団を誹謗?中傷する行為を繰り返してきた 流す自由』 として濫用してはならず、人間としての尊厳や良心に信頼して保障される自由であるという大前提を遵守すべきです」 。 今後、宏洋氏がどのような活動を行っていくか定かではないが、これ以上、嘘を重ね、世界に広がる幸福の科学の信者の純粋な。

長男が堕落?堕落っちゅうのは教団が宏洋くんを見下して使う言葉でっせ。堕落やのうて、親に引かれたレールに乗せられて信仰してへん親父の宗教団体の職員を続けることを拒否したっちゅう事やねん。宏洋くんは、「私は大川隆法総裁を信仰してませんし、彼のことを神だと思ったことは一度もありません」「父は、僕にとって最高の反面教師です」と語っとります。また、教団職員時代の自分の説法は業務として行っとったこと、総裁の霊言をほんまもんと認めてないという趣旨の発言をしとるので、彼が教団に持ち上げられ、重要な役職についていようが、次男のように降格されようが、脱会は時間の問題やったと思いまっせ。幸福の科学のアンチの急先鋒は元信者と信者の両親の元に生まれた二世やねん。信者の親の保護がなければ自立して生活できひん逃げ場のない年齢の子供に、本人が望まへん信仰を強要したり、将来に関わる選択肢の自由を制約するような毒親からの人権侵害の問題で苦しめられとる二世と宏洋くんの問題は通底しとるのや。

「幸福の科学」大川総裁長男。宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の長男がユーチューブに投稿した動画が波紋を呼んでいる。長男の大川宏洋 。 それについて教団が公式サイト上で反論、批判を展開している。30分近い独白大川隆法総裁の長男である宏洋氏はにユーチューバーデビュー 宏洋は幸福の科学とは無関係です」 「幸福の。この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

幸福の科学信者です。人事には年功序列的人事と実力抜擢人事があります。あなたの言われることも一応正論ですが、年功序列的人事であり、実は昭和の考え方なのです。あるいは農耕社会の考え方と言ってもいいでしょう。つまり変化の少ない時代であれば、下積みから始めて経験を十分に積んでから幹部に登用したほうが組織も安定するし、混乱が少ないのです。これで長らく日本はやってきました。しかし非常に変化の激しい時代は必ずしも正しくないのです。というのは経験を積んだ人はたしかに失敗も少ないが、チャレンジもできないため組織がゆっくりと死んでいくのです。最近でも日本を代表するような大企業が相次いで経営危機になっているのは、硬直化して保守化しているからなのです。そういう場合は実力抜擢人事です。若手で実力のありそうな人をどんどん抜擢して自由にやらせないとだめです。アメリカなどではMBAを持っていれば新卒でいきなり副社長など珍しくありません。その代り、一定期間で成果がでなければすぐにレイオフ解雇されます。これは狩猟型社会の考え方でしょう。幸福の科学は明らかに後者の組織運営をしています。特に息子だけを優遇しているわけではなく、他にも若手幹部はたくさん誕生しています。若い人は前例とかしがらみにとらわれず思い切ったことをしますし、感性が鋭くて時代感覚に敏感です。ただ失敗するときは派手に失敗しますね。たまたま宏洋氏は息子なので大きな話題になっていますが、他の若手幹部も結構失敗しているのです。芸能活動を広げるために、宏洋氏のキャラクターを売り出すということは当然あったと思います。そのキャッチフレーズとして「天才」という言葉を使ったのでしょうし、事実、天才だったでしょう。ただ天才は必ずしも努力家ではないので、そのままでは挫折するということも教えとしては説かれていたはずです。天才が悪魔に魂を売ったらあのようになるということです。智慧を持って与えるというのはもちろんその通りですが、現代は中国の覇権主義がアジアを飲み込むかどうかという非常に切迫した時代ですので、ゆっくりと確実に人を育てるということも難しくなっていうるのかと思います。これからも若手が抜擢されるが、成功する人もいるし転落する人もいるでしょう。ただ、若手にも機会を与えるということが大事なのだと思います。結局宇宙の二大原理である進歩と調和を考えたとき、調和を優先すれば年功序列型が望ましいけれども、進歩を優先すれば実力抜擢型にならざるを得ないということだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です