年金が70歳支給になるのはどの年代からか???年金について定年が70になる時代で私が年寄りになる頃はもっ

年金が70歳支給になるのはどの年代からか。年金について定年が70になる時代で、私が年寄りになる頃はもっと年金があがってお前は年金貰えないなぁーって職場の先輩が言ってきました。そこで少子化、年金の事を考えました。今が年寄りが多すぎる逆ピラミッドになってるけど私が年寄りなる頃にはそのピラミッドの一番上の人数、つまり私より年上の人がたくさんたくさん死ぬ訳だし、政府だって少子化問題を考えるから子供だってこの先増えれば、案外私が年寄りになる頃には年金問題は解決してるんじゃないだろうか?って思います。まぁ、年寄りがバッタンバッタン死んで、子供がポコポコ生まれるのでは?って思ってます子供はちょっと難しそうですけど、年寄りは確実にたくさん死ぬから大丈夫じゃないかな?まだ私が年寄りなるまで40年先の話ですけど、私くらいの年齢くらいから少子化って言われてるくらいだし、逆ピラミッドが崩れると思ってます。皆さんは年金問題どう考えてますか?

ご参考まで、、1970年頃の第二次ベビーブーマーが多過ぎるのと、この世代はバルブ崩壊の不況で就職できずニートが多く、結婚できず、子供も少なくしてしまいました。自民党は、年寄の票欲しさに年寄の優遇ばかりして、少子化対策をして来ませんでした。4人まで一人3万円の子供手当を給付する位でないと少子化対策には成らないでしょう。年金が70歳支給になるのはどの年代からか。 年金について様々な情報が錯綜し、老後の不安がつのる時代、働く女性の年金について 今、どう考えたらいい。

定年延長70歳の時代。 定年延長70歳の時代、企業はどう対応するか 定年延長制度とは、定年となる年齢を「60歳から65歳へ」といったように引き延ばす 。 年金の支給年齢引き上げによる、 高齢者の就労意欲の高まり。「70歳定年」の閣議決定にネット民が総スカン。 改正?高年齢者雇用安定法などの閣議決定については、年金不足などのツケを高齢者自身に負わせるものだ。

なるほど、ベビーブームってまだ年寄りじゃなかったんですねベビーブーム世代が年金受け取る時が支える側が結構ツライですね日本も独身税とかやって欲しいですねー東京新聞:「70歳定年」は幸せか。 今後、私たちの生き方はどうなるのか。 <70歳定年> 政府が今年5月に示した高齢者雇用の新方針 政府はこれに伴う年金の支給開始年齢の引き上げはないとして 。 ハローワークでは、退職者が現役時代に培った営業や総務などの。

65歳以上とする高齢者が減り始めるのが2042年75歳以上とする後期高齢者が減り始めるのが、その10年後の2052年だが、高齢者の割合は出生率が上がらない限り高止まりする。65歳以上の割合の上昇が頭打ちになるのが2060年ごろ75歳以上の割合の上昇が頭打ちになるのが2070年ごろ2070年まではより大変になり続ける時代だ。出生率が回復するにしても、同時に多くの高齢者と子供を抱えれば、現役世代の負担はとんでもなく高くなる。そう考えると出生率が上がることも考えにくく、絶望的です。だから若い移民を入れようということになるんだよねえ。国立社会保障?人口問題研究所出生中位死亡中位推計平成29年推計子供が欲しいと思わない人が増えたことで子供に冷たい社会になり、他人の子供のためにこれ以上税金なんか払ってたまるか!そういう人も多くなりました。子育て支援や教育への予算も乏しく、財政悪化を理由に予算を増やそうとしない。こんな状況では無理でしょう。年金については70歳支給にはなるでしょう。65歳からもらっても良いけど3割ぐらい減らされるだろう。さらにまだ働いてる人には、今もらわなければ年金が減らされず、将来の支給額が増えるからと、75歳からもらうことを国が推奨するだろう。>日本も独身税とかやって欲しいですねー独身税をやると偽装結婚が急増するから、やるんなら子無し税じゃないと意味がない。また、若年層に課税すればかえって結婚を遠ざけることになりかねないから、やるなら中年以上限定だ。 稼ぎが少ないことで結婚や子供を持つことを諦める人も居るから、課税最低限はある程度高く、所得200万円程度にする必要があるだろう。それ以上にもっと問題になるのは、結婚したくてもモテなくてw結婚出来なかった人に対して、差別的な税制になりかねない。だから児童手当や扶養控除や教育予算の投入といったことで、他の税金を増やす消費税だなことでそういう実態を緩和しています。?技術革新、特に医学、予防医学の進歩とその普及で、死ぬ直前まで元気でぽっくり逝ける人を増やす。?医療介護を手間を掛け過ぎず効率良くやる。?行き過ぎた終末医療を止める。社会が崩壊しないためには、これらが重要になると思います。

添付した画像は総務省統計局が平成28年に公表した人口推移です。ちょうど真ん中あたりに左右に突き出ている世代が第2時ベビーブーム世代の人たちです。昭和46?49年生まれで今年で45?48歳です。質問者様が年金を受ける40年後、この世代はまだ半分以上存命のはずで、その下の世代もずっと逆三角形の形のままです。つまり上の世代が亡くなって人口推移図の逆三角形が解消されるには50年程度では無理ということです。それから年金等の社会保障制度の運営には、三角形型の人口推移図が理想であり、例えばどの年代も人口がほぼ同じという長方形型であっても社会保障制度の運営は苦しいままです。結婚率等も下がってきていますが、人が減れば結婚する人が減り、当然うまれてくる子どもの数も減ります。政府主導の少子化対策などで子どもが増える仕組みを作ることは難しく、日本においては今後も出生率の増加は望めないと思われます。そういった状況のなかで社会保障制度をどのように維持していき、給付と負担のバランス、保証内容の見直し、将来に渡る持続性などをまさにこれから考えていかなければならないということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です