「ジョジョの奇妙な冒険黄金の風…ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 21話 ブチャラティのあの

「ジョジョの奇妙な冒険黄金の風。ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 21話 ブチャラティの、あの判断は正解だったのでしょうか?トリッシュを助ける私情を挟んでいますよね自分の正義を通すために仲間を裏切っていますみなさん、ご回答ありがとうございますbaは選べないので投票にさせてください。すみませんありがとうございました!基準によります。ボスやボスに忠実な人たちから見れば不正解。ブチャラティ自身から見れば正解。ジョルノから見ても正解でしょう。

ジョジョの奇妙な冒険。A。基準によります。 ボスやボスに忠実な人たちから見れば不正解。 ブチャラティ自身から見れば正解。 ジョルノから見ても正解でしょう。第21話。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 第21話 キング?クリムゾンの謎 放送情報 掲載中!ネタバレ。-あと、ブチャラティの表情が尊すぎだよ。 ブチャラティのほほえみ。 出典:LUCKY LAND COMMUNICATIONS/ 集英社?ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会。 アン。 ブチャラティの代わりに、私が泣きそうになったわ。

「真実から出た真の行動は決して滅びはしない」ブチャラティの判断は正しいです少なくともあの道を選んだキャラ達は誰も後悔を最後までしてませんでしたし、誇りをもって生きてました。ブチャラティは私情を挟んでいた自覚があるからこそ、責任はあくまで自分にあり、チームの皆に義理で自分に付き合う必要はないと言ったんです。ここで別れようと。自分について行く必要はないと。何が正しいか?どう生きたいか?それは人それぞれですよね。例え仲間だとしてもそれは各々が自分で決めることです。裏街道とはいえ、あのボスに忠誠を果たして、それは幸せな生き方なのか?って事です。ボスの血縁者とはいえ、一般人で罪のない何も知らない娘を父親が殺す、その行為がブチャラティには絶対に許せない事だった。トリッシュはあったこともない父親のために、命を狙われて続けてきて、自分は父を好きになれるか?と不安がっていた。その心細さや、不遇さをブチャラティは察してた。トリッシュとはフーゴが言った通り付き合いも浅く、助ける義理などないのかもしれない。でも、実の父に見捨てられ、踏みにじられたトリッシュの心を悼んだからこそ、ボスに怒り、助けたんです。そこがブチャラティのブチャラティたる所以。優しさです。人の痛みや悲しみを自分の痛みと感じるのがブチャラティという人だから。そんなブチャラティの人柄に助けられて惚れ込んだからこそ、皆彼にこれまでついてきた。アニメでは省かれてましたけどブチャラティの過去の話で彼の母はブチャラティの人の心の悲しみを知りすぎる優しさを誇りに思うのと同時にその優しさが、彼を不幸にするのでは?と案じてました。フーゴの言うように組織的にはアウトでしょうが。ジョルノに会うまでブチャラティは麻薬に手を染めた組織とボスを許せないと思いながらも、逆らっても自分もチームも殺されるだけ。自分には服従し、この生き方しかないって諦めて生きてきたのです。それがどんなに辛い人生だったか。生きながらにして死んでる人生。ジョルノに出会い、彼の夢を聞いて、ブチャラティはそんな過去の自分から決別する事を、あの時にすでに決意してたんです。初めから共謀してたジョルノはともかく、アバッキオやミスタ、ナランチャは少なくともブチャラティへの義理でついてきたわけではない。当人たちが、過酷な道でもブチャラティと生きたい。トリッシュを助けたいって思ったからついてきたんです。そこからは、個々の生き方だから、当然ブチャラティのせいではないし、当人たちがそうしたいって思い、開いた道なので。フーゴは後にでた恥知らずのパープルヘイズという小説で、組織を裏切ったのはブチャラティ達で自分が正しいはずなのに、それでも何故自分が置いていかれたようにあの時に感じたのだろう?と苦しんでましたが。色々あって、トリッシュは俺だ!と言って運河に飛び込んだナランチャの言葉をその物語の過程で理解して、あの時、自分がみんなのような、正しいと信じられる道のために踏み出す勇気があれば、あの時に戻れればと、自分を責め後悔してました。

ジョジョの奇妙な冒険。-現在テレビアニメが放送中の『ジョジョの奇妙な冒険』第5部?黄金の風。 3月2日土には、第21話が放送されました。 今回は第21話の感想やネタバレを含めてあらすじについて深掘りしていきたいと思います。 Contents [hide]。 1 あらすじ; 2。「ジョジョの奇妙な冒険黄金の風。ジョジョの奇妙な冒険黄金の風 21 話」に関する番組など、15000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。見たい番組が見つかる。無料ですぐ見れる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!『ジョジョの奇妙な冒険。-ボスに反逆し組織の裏切り者となったブチャラティ、ともに闘うか選択を委ねる展開に「 目頭」熱くなる最後のシーンでした! ?TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』第21 話「キング?クリムゾンの謎」視聴感想?作品情報等を書いています。どっちも正解なんでしょうね。ブチャラティは、ボスの行為を「吐き気をもよおす邪悪」と言っています。麻薬の件でモヤモヤした思いはありつつも信じていた組織のボスが再度自分の思いを裏切った…そこが許せなかったと。一方フーゴは、感情だけで動いて組織を裏切ると、今後安心して生きていくことはできないと…自分の命を守るためには当然のことだと思います。外国の方のライブリアクションを見ていると、やたらフーゴを「ビッチ」とか言っているので、それはちょっとどうなんだろうな…という気はしました。まあ、「恥知らずのパープルヘイズ」でその後のフーゴがどうなったかもわかるので、未読の方には読んでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です