「努力は報われる」/「努力は裏切らない」というのは本当だろうか…努力は報われるとは限らないのでしょうか 辛い思いをしている

「努力は報われる」/「努力は裏切らない」というのは本当だろうか。努力は報われるとは限らないのでしょうか。辛い思いをしている友達に掛ける言葉が見つかりません。長文ですが、読んで頂けると嬉しいです。今年、浪人していた友達がいるのですが彼女はFランにしか受からずそこに進学することになりました。彼女とは中学の同級生です。高校は別々で、彼女が通っていた高校は偏差値60後半の進学校でした。元々努力家で、授業は真面目に受け自宅学習もしっかりと。中学生の時からずっと塾に通っているような、私から見たら本当に頭が良い人でした。難関国立大学を現役時から目指しており、浪人時は毎日予備校へ通い朝から晩まで勉強漬けの日々。毎日14時間は勉強していたそうです。模試も第一志望の国立がA判定を安定して出しており、このままいけば大丈夫だと予備校の講師からも言われていたそうです。しかし、センターで失敗してしまい国立は二次で挽回は不可能だと諦め、センター終了後から私立に絞り対策をしてきたらしいのですが私立のA判定を出していたところもボロボロと落ち結局受かったのがFラン大学だったと。私は今通っている専門に指定校推薦で入学した為、大学受験の知識はあれど経験はありません。彼女から電話が来て、話を聞くことしか出来ませんでした。泣いていたのに、言葉をかける事すら出来ませんでした。努力って、何の為にするんでしょう?報われないなら、適当に楽しく遊んで生きた方が良くないですか?なんで沢山頑張ってきた彼女が落ちて、こんなに辛い思いをしなくちゃいけないのだろうかとそういう考えでいっぱいです。大学受験に向けて努力することが無駄だと思う訳ではないです。努力出来る方は本当に尊敬します。あと、もし自分だったら友達にこういう風なことを言われたら、こういうことをしてくれたら嬉しいということがあれば教えてください。元気付けてあげたいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!努力は報われるとは限らないのでしょうか。努力は必ず報われる。努力は必ず報われる…とは限らない! これからは「ラクし。 がんばっても報われない人、 がんばらなくても成功する人。 PHPファミリー のびのび 。 また、特に目標がないのにがんばりすぎているということはないでしょうか? 「がんばらなければ。「努力は報われるとは限らないのでしょうか」No努力は必ず報われる。報われなかったとしたら、それは努力が足りなかったということだ。「浪人していた友達」なぜ浪人した?そこが一番重要なポイントだと思う、そもそも、「元々努力家で、授業は真面目に受け自宅学習もしっかりと。中学生の時からずっと塾に通っているような、私から見たら本当に頭が良い人」が浪人するようなことが、本当にあるのか?実際にあるのだから、それはあるわけだ。ではなぜなのか。それはとても重要な問題だろう。*「センターで失敗してしまい」どうして失敗した? それは現役のときと同じ原因じゃないのかな。*「努力って、何の為にするんでしょう?」それは難しい質問だな。いくつも答がある。「報われないなら、適当に楽しく遊んで生きた方が良くないですか?」もう一度書いておくが、努力は必ず報われる。だから、報われないという前提が間違っている。ただ、その上で先の質問「努力って、何の為にする」に回答しておくと、努力すれば、楽しさは増大する。努力するのはそのためだ。努力しないで得たものは楽しくない。*おそらくあなたの友達が現役で合格しなかったのも、センターを失敗したのも、勉強や学力以外に足りないところがあったのではないだろうか。だとしたら、あなたの友達がすべき努力は、毎日14時間勉強することではなく、その足りないところを改善するための努力ではなかったかと思う。*「もし自分だったら友達にこういう風なことを言われたら、こういうことをしてくれたら嬉しいということがあれば」残念だけど、私がもし友達なら、放置しておいて欲しいと思うだろう。こういうことは、自力で、時間をかけて解決するしかないものなんだ。だから、それを一切無視してフェスに誘うとか、そういうのはいいかもしれない。本人から話題にしない限り、入試も大学も、話題には微塵も出さない方がいいと思う。

私の文章力が無い為に上手くお伝えできずすみません。語弊があります。元々彼女は私立も対策をしていました。センター後から国立を抜きにした、という形です。ですので、彼女のことを悪くいうのはやめて頂きたいです…努力は報われないものと知れ。では、なぜ「努力は報われる」という言葉が信じられやすいのでしょうか? 日本人は元々、苦労や我慢が美徳だと教育されている民族なので、真面目にしていれば物事は報 われると捉えやすい傾向があります。 例えば、夜8時まで残業している人を「働き者」とし、。

センター失敗してから私立の対策始めるとか想定の範囲内のこと、型にはまった勉強の実力は有っても情報を収集しなかったり応用がきかない人なんでしょうね。努力とは何か?という以前の話その人の性格や親や回りの人間の問題ですね。「努力は報われる」/「努力は裏切らない」というのは本当だろうか。-少し聞いただけでは、腑に落ちない言葉というものは数知れず。ご多分に漏れず、この言葉もそんな類の一つでして。巷で言われる「努力は報われる」や「努力は裏切らない」 といった事は、本当にそうなんでしょうか。

努力は必ず報われるのかこれを読まずに努力をするな。②「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」。 By: Zach Flanders。 音楽家、ベートーベンの名言です。 漫画「はじめの一歩」の鴨川会長のセリフで知ったという方も多いのではないでしょうか。 「努力は必ず報。努力は必ず報われる。「努力は必ず報われる」 人生で一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょ うか。 誠実に 。 しかし、音楽家のベートベンの名言「努力した者が成功するとは限らない 。しかし、 。 では努力が報われる人と報われない人の違いはどこにあるのでしょうか。

枠を破りなさい。枠がこそが苦しみの根源なのです。私たちの周りは常に枠であふれています。人は枠の中でしか考えようとせず、それがトラブルの元なのです。覚りとは枠を破ることです。人は先のことや過去を悔やみます。しかし犬や猫が死後のことを考えて生きているでしょうか。人間だけが頭で考え苦しむのです。釈迦は苦行を6年間行いました。1日に豆1粒、こめ1粒。釈迦の体は痩せ細っていきます。しかし6年経っても釈迦が覚りを得ることはありませんでした。己を限界まで追い込みそれでも悟れない。釈迦は6年ぶりに身体を洗い流します。その時に苦行という考え方も洗い流したということです。釈迦はもう一度座禅に立ち返り座禅を始めました覚れなかったら死ぬという絶対の覚悟を持って。6日後、夜明けと共に遂に覚りを開きました。全ての概念の枠が崩れ落ちた瞬間でした。釈迦はこの瞬間天下無敵の自由人となったのです。観念を枠を破った釈迦に苦しみはありませんでした。人は悠々と老い、悠々と病気なり、悠々と死んでいきます。全ては無常。自分も他人も同じように死にます。観念の枠を破り何をやってもいいと気づくことで人生がより楽しくなります。自分にとってのベストは今です。時間などはない。今何をしたいのか。人は過去や未来ばかりを考えます。過去は過去。真のリアリティは今です。今を生きる人は普通を求めます。普通が一番良いと。人は既に覚っているのです。それに気づくか気づかないかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です