あなたが憲法改正に賛成(もしくは反対)なのはどうしてですか???!憲法改正について賛成ですか 反対ですか ●国を守る覚悟自衛隊

あなたが憲法改正に賛成(もしくは反対)なのはどうしてですか。憲法改正について賛成ですか?反対ですか?憲法9条に自衛隊の存在を明記する案。安倍首相は、憲法9条に自衛隊の存在を明記する自民党の憲法改正原案について「 年内にまとめて、お示しできればなと思う」と述べました。あなたは、憲法9条の条文を維持した上で自衛隊の存在を明記する案に賛成ですか? 反対ですか?

「憲法改正」が必要だという賛成理由とメリットをまとめてみた。実際に憲法改正とする場合には国民投票が必要です。今の間に何が争点なのか、賛成 派と反対派の意見を理解しておきましょう 押し付け憲法かどうかは見る角度によって、語り手の捉え方によっても変わってくると考えているからです。 本質的に「なぜ今この改憲議論が必要なのか」を今回のテーマにしたいと思います。 憲法と。

●自衛隊を憲法に書き込む意義 現在は法的根拠が脆弱 夕刊フジ憲法改正論議が迷走している。安倍晋三首相は、憲法9条1項侵略戦争は放棄と憲法9条2項戦力不保持、交戦権否認を残して、自衛隊の存在を憲法に明記する案を提唱した。これに対し、自民党内でも石破茂元防衛相らが、憲法9条2項を削除して軍隊の保持を謳うべきと反対している。憲法9条2項削除案が、他国並みに軍隊を保持し、集団的自衛権をフルスペックで行使できるとするならば、現行憲法を根本から変えるものだ。本来なら護憲派から猛烈な反発を受けるものだが、なぜか批判に晒されない。逆に、憲法に明記しても「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」とする、安倍首相のささやかな改憲案への批判が高まっている。朝日新聞付は、民進党の大塚耕平代表が「何も変わらないと言うのならば、もうこれは憲法に自衛隊を書き込む合理性がなくなり、国民投票をやるという説得力に欠ける」と疑問を投げ掛けたとして、「首相の9条改憲案そのものの必要性 揺らぐ」との見出しを掲げている。朝日新聞社説付も「自衛隊を明記しても、しなくても自衛隊は合憲である――。素朴な疑問がわく。それならなぜ、わざわざ改憲をめざす必要があるのか」と批判している。確かに、安倍首相も言う通り、憲法9条1項?2項を維持したままであれば、憲法に明記しても「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」。憲法9条2項で保持を禁止した「戦力」ではない、「自衛のための必要最小限度の実力組織」という自衛隊の法的性格も変わらない。「戦力=軍隊」ではない「自衛隊」とは何ものかという問題も残り続ける。しかし、それでも自衛隊を憲法に明記する意義は非常に大きい。「何も変わらない」ということはない。いや、自衛隊の地位が格段に強固になるからだ。自衛隊の根拠法令は自衛隊法と、防衛省設置法旧防衛庁設置法だ。この2つは法律に過ぎない。法律は衆参両院の出席議員の過半数によって廃止できる。つまり、自衛隊は衆参両院の出席議員の過半数によって廃止することができる程度の組織に過ぎない。他の国家機関に比べて、法的根拠は脆弱ということだ。一時の国民世論の熱狂と、巧みなプロパガンダによって自衛隊廃止の立場の政治勢力が政権を執り、衆参で過半数を占めれば、自衛隊は廃止される可能性があるのだ。それが憲法に明記されれば、自衛隊は晴れて国民に承認され、容易に廃止されない組織となる。その意義は安全保障上も極めて大きい。●憲法明記で高まる抑止力 自衛隊に正統性与えないのは怠慢 夕刊フジ自衛隊の根拠法令は「自衛隊法」と「防衛省設置法旧防衛庁設置法」という2つの法律だ。法律は、衆参両院の過半数で廃止できる。仮に、自衛隊廃止の立場の政治勢力が政権を獲り、衆参で過半数を取れば自衛隊は廃止される。自衛隊の法的根拠は脆弱なものでしかない。国家の重要機関は憲法に明記されている。天皇1~8条も、国会41~64条も、内閣65~75条も、裁判所76~82条も、会計検査院90条まで憲法に規定されている。参院の不要論はあるが、廃止するには憲法改正が必要だ。議院内閣制をやめて首相公選制にするにも、憲法改正が必要となる。会計検査院の廃止も、憲法改正が必要だ。いずれも、衆参の総議員の3分の2以上の賛成で国会が発議し、国民投票で過半数の賛成が必要になる。しかし、同じく国家の重要機関であり、我が国の安全保障に不可欠な存在でありながら、自衛隊は現状では国会の過半数で廃止できる程度の存在でしかない。それが憲法に明記されれば、法的根拠が格段に強固になり、その時々の国民世論の熱狂によって左右されない組織になる。法律事項から憲法事項に引き上げることで、自衛隊は廃止には憲法改正が必要となる安定した組織となるのだ。憲法明記の決定的な効果だ。また、自衛隊に憲法上の正統性が与えられることで、自衛隊員の士気も高まり、結果として抑止力も高まる。安全保障上の効果も大きい。安倍晋三首相が提起した憲法9条1項2項は残して、自衛隊を憲法に明記するとの案は「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」ものではある。だが、現状維持ではなく、大きな効果をもたらす。野党や一部メディアの「何も変わらないなら、憲法改正そのものが不必要だ」とする批判は、憲法改正を阻止するための「ためにする」主張でしかない。具体的な内容にも触れておきたい。自衛隊法は、3条1項で「自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする」と任務の原則を述べ、同条2項で「自衛隊は、前項に規定するもののほか、同項の主たる任務の遂行に支障を生じない限度において、かつ、武力による威嚇又は武力の行使に当たらない範囲において、次に掲げる活動であつて、別に法律で定めるところにより自衛隊が実施することとされるものを行うことを任務とする。一 我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に対応して行う我が国の平和及び安全の確保に資する活動二 国際連合を中心とした国際平和のための取組への寄与その他の国際協力の推進を通じて我が国を含む国際社会の平和及び安全の維持に資する活動」と3条1項以外の任務を規定している。7条では「内閣総理大臣は、内閣を代表して自衛隊の最高の指揮監督権を有する」とも規定する。これらを改めて憲法に規定すればよい。シビリアンコントロールも明確になる。安倍首相の憲法改正提案は、ささやかなものに過ぎない。この程度の改正さえできず、自衛隊に憲法上の正統性を与えてこなかったのは、怠慢以外の何物でもない。国民の見識も問われている。●社説憲法70年 自民の抱えるジレンマ05時00分自民党の憲法改正推進本部が9条改憲に向けた条文案の作成作業に入った。戦力不保持と交戦権の否認をうたう2項を維持し、自衛隊を明記する安倍首相の案を軸に検討する方針だ。一方、党内では石破茂?元防衛相らが2項を削除する案を主張している。驚かされるのは、案を提起した首相自身の国会答弁の不可解さだ。自衛隊明記案が国民投票で否決されたら、どうなるか。首相はその場合も自衛隊の合憲性は「変わらない」と語った。自衛隊を明記しても、しなくても自衛隊は合憲である――。素朴な疑問がわく。それならなぜ、わざわざ改憲をめざす必要があるのか。首相自身が言うように、歴代内閣は一貫して自衛隊を合憲としてきたし、国民の多くもそう考えてきた。それでも発議に突き進むなら、深刻な問題を引き起こしかねない。改正案の書きぶりにもよるが、仮に自衛隊明記案が国民投票で否決されれば、主権者?国民に自衛隊の現状が否定されたことにならないか。首相は「現行の2項の規定を残したうえで、自衛隊の存在を明記することで、自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」とも述べている。「変わらない」ことを、なぜここまで強調するのか。推進本部特別顧問の高村正彦副総裁が、BS番組であけすけに述べている。「2項削除は無理だ。国民投票がもたない。その前に公明党が賛成しない」改憲の国会発議には、9条改憲に慎重な公明党の協力が必要だ。国民投票で過半数の賛成も得なければならない。だからこそ、2項削除案に比べ、首相案は無難だと言いたいのだろう。高村氏は一方でこうも語っている。「安倍さんが言っていることは正しい。石破さんが言っていることも間違いではない。この二つは矛盾しない」だが、両者が矛盾しないはずがない。まず首相案で一歩踏み出し、いずれは2項を削除して各国並みの軍隊をめざす方向に進むということなのか。「変わらない」と言い続ければ、改憲の必要性は見えにくくなる。といって改憲の意義を明確にしようとすれば、どう「変わる」のかを国民に説明しなければならない。

韓国を敵対視する本意なら??大賛成^^^^。韓国は永遠の敵だ。↑??こんなのが出ました~~。憲法9条変える。あなたは憲法改正に賛成ですか? 反対ですか? 7月の参院選の結果、いわゆる「改憲勢力」が衆参両院で憲法改正を発議できる「3分の2」を占め、これから国会での改憲論議が本格化します。就活で改憲への賛否を問われることはあまり。朝日新聞デジタル:憲法改正。自民党は、96条を改正して改憲手続きの要件緩和を目指し、戦争放棄を定めた9条改正も視野に入れる。ただ、選挙戦では安倍政権が掲げる経済政策アベノミクスの行方に多くの関心が集まり、議論は低調だ。憲法改正、賛成ですか、反対。

賛成です。もう十分に老朽化しています。あなたが憲法改正に賛成もしくは反対なのはどうしてですか。私は日本の政治動向には詳しくないのですが、現時点での考えとしては憲法改正には賛成です。 曲解に曲解を重ねて「屁理屈」の域に達した法解釈は、当事者の遵法意識をマヒさせます。 そして、法の恣意的な運用こそが、国家権力の腐敗と乱用の根源なの。安倍9条改憲を阻止しようと。憲法記念日の 3 日、安倍 9 条改憲を阻止しようと、全国各地で集会やデモ、宣伝など多彩な行動。 がとりくまれました 案を提案しています。あなたは、こうした9条の改正 に賛成ですか。反対ですか。 賛成 39 反対 53 その他?答えない 8。

議論の記録:。入室murakumo 入室funaki 入室ueda 位置murakumo反対です86 位置ueda 反対よりです82 発言murakumoこんにちは発言uedaこんにちは 。 発言weno手間は一理あると思います発言ikeda憲法の改正って国民の2/3の賛成が必要じゃないっけ? 。 発言kimura9条のどの部分がどう変わりそうなのか知らないといまいち賛成か反対か決めきれないよね発言kimura少なくともこのままだったら戦争はしないだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です