上杉禅秀の乱を簡単にわかるやすく解説するよー【鎌倉公方VS関東管領?1416年管領上杉氏憲が鎌倉公方の足利持氏に対して起こした

上杉禅秀の乱を簡単にわかるやすく解説するよー【鎌倉公方VS関東管領。1416年、管領上杉氏憲が鎌倉公方の足利持氏に対して起こした反乱上杉禅秀の乱は、何が原因ですか?鎌倉公方補佐役として上杉が世襲したと書いてあったので、なぜそのようになってしまったのかが気になります。鎌倉公方足利持氏はかねてより強権的に関東の有力武家の抑圧政策をとり、関東管領である上杉禅秀はそれを諫めていました応永221415持氏が常陸小田氏の一族、越幡六郎という武士の所領を些細な罪で没収し、禅秀はそれに抗議して関東管領を辞任してしまいましたすると持氏はこれを慰留することもなく、禅秀の犬懸上家とは同族で、交互に関東管領に就く家柄ながら対立関係にある山内上杉家の憲基を管領管領に就けますこれに対して禅秀は同じように持氏や山内上杉に不満を持つ関東やその周辺の有力武家と連携を持ちましたそのころ京都で、四代将軍の座を争って敗れて幕府への反旗を翻す機会を窺っていた足利義嗣は、この情況を知り禅秀へ連携を申し入れましたそれを受け入れた禅秀はさらに公方持氏と対立していた持氏の叔父満隆も味方に付け蜂起するに到ったのですまとめると①足利持氏の政策への不満②山内vs犬懸の上杉一族内の対立③京都の将軍家の後嗣争いの余波④鎌倉公方家内の対立といったところでしょうか

上杉禅秀の乱~鎌倉~。足利持氏が鎌倉公方となると犬懸家の上杉禅秀氏憲が関東管領に就任したが、持氏と禅秀が対立し、持氏は禅秀を罷免して 。 憤慨した禅秀は、1416年応永23年、 足利満隆二代鎌倉公方氏満の子とその養子持仲持氏の弟とともに持氏から実権を。上杉禅秀の乱~関東戦乱の幕開け。応永、前関東管領の禅秀?上杉氏憲が鎌倉雪の下で自害しました。上杉禅秀の乱として知られ 。 そして鎌倉公方を補佐するのが関東管領で、足利氏の姻戚である上杉氏がこの職を独占しています。上杉氏の中でも、特に関東 。 応永23年141610月2日、禅秀が挙兵。持氏や関東管領山内上杉。

当初、上杉憲定が関東管領の地位にありましたが、応永18年1411年に上杉憲定が失脚すると、代わりに対立関係にあった上杉氏憲が関東管領に就任します。上杉氏憲は鎌倉公方の足利持氏がまだ若かったことに乗じて、鎌倉府の実権を掌握しようとしました。ところが、応永22年1415年の評定で上杉氏憲と足利持氏が対立し、上杉氏憲は関東管領を更迭され、後任として上杉憲基憲定の子が関東管領職につきました。更迭された上杉氏憲は足利満隆足利持氏の叔父?足利持仲足利持氏の弟で満隆の養子らと連携し、地方の国人衆なども加えて翌23年1416年に持氏への反乱を起こしました。当時の上杉氏は諸家に分かれて勢力争いを繰り広げており、上杉憲定?憲基父子は「山内上杉家氏」、上杉氏憲は「犬懸上杉氏四条上杉氏」の出身でした。この関東管領職をめぐる上杉氏の内紛と、鎌倉公方をめぐる足利氏の内紛とが要因となっての事件です。

上杉禅秀の乱うえすぎぜんしゅうのらんとは。応永 23 1416 年 10月,犬懸上杉家の氏憲 禅秀 が鎌倉公方足利持氏にそむいた争乱 1416年上杉禅秀氏憲が鎌倉公方の足利持氏に対して起こした反乱。1415 年関東管領の氏憲は持氏と不和となり辞職,1416年将軍足利義持や持氏に不満の。わかりやすかったです。お二方ともにありがとうございました。上杉禅秀の乱を簡単にわかるやすく解説するよー鎌倉公方VS関東管領。 今回は1416年に起こった上杉禅秀うえすぎぜんしゅうの乱について紹介します ところが、関東管領だった上杉禅秀は、鎌倉公方である足利持氏あしかがもちうじが若かったため、持氏に対して多くの意見を言うようになりました。

葛飾区史。こうした鎌倉公方の動向に対し、関東管領の上杉氏は幕府との融和に努めたが、鎌倉 公方は上杉氏の対応に不満を持つようになり、両者は対立を深めていく。応永 231416 年に前関東管領の上杉禅秀氏憲が、鎌倉公方の足利持氏と対立し反乱を起こした。10月2日。1416年応永23のこの日、鎌倉公方足利持氏に不平をもっていた前関東管領上杉禅秀うえすぎぜんしゅう、上杉氏憲が反乱を起こし、鎌倉府を襲いました。 これは室町時代の出来事です。少し詳しく覗いてみましょう。 これは2分程度で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です