幕末の将軍継嗣問題で一橋慶喜を推した「一橋派」を歴女がわかりやすく…徳川家第13代将軍継嗣問題で対立した一橋派と南紀派について

幕末の将軍継嗣問題で一橋慶喜を推した「一橋派」を歴女がわかりやすく。徳川家第13代将軍継嗣問題で対立した一橋派と南紀派について。大河ドラマ「西郷どん」「篤姫」で篤姫の将軍家輿入れは一橋慶喜を次期将軍として擁立する為の内部工作として、家定の意向により次期将軍が決まるかのように描かれています。ただ将軍家にお世継ぎがいない場合、御三家から次期将軍を迎えるようになっていると思います。しかし紀州の徳川慶福徳川家茂がいるにも関わらず飛び越えどうして一橋慶喜を次期将軍に推挙するという話になるのでしょうか?結局のところ家茂が将軍になるのですが慶喜の名前が上がること自体がおかしいのではないのでしょうか?

徳川家第13代将軍継嗣問題で対立した一橋派と南紀派。整理しましょう。 「御三家」は尾張、紀州、水戸で、このうちバリバリの攘夷思想を振舞わしていたのは水戸のご老公、斉昭です。 そして、斉昭は息子で御三卿のひとつ一橋家に養子にやった慶喜を、次期将軍に推します。これが一橋派。将軍継嗣問題。将軍継嗣問題しょうぐんけいしもんだいは、江戸幕府13代将軍徳川家定の後継を巡って生じた政争である。 概要[編集]。 江戸幕府12代将軍徳川家慶の嫡男?家祥後の家定は病弱で言動も定かではなかった脳性麻痺とも言われている。そこで、家慶は水戸藩主徳川斉昭の子で一橋家を継いでいた徳川慶喜一橋慶喜を養子とすることを考えたが、老中阿部正弘 。 さらに条約勅許問題を巡る開国派と攘夷派の対立も加わって事態は複雑となった一橋派では島津斉彬は開国派、徳川斉昭は攘夷派に属し、互いに自己。

わかりやすい説明ありがとうございました。徳川御三家の説明で「将軍家の後嗣が途絶えた時には、跡継ぎを出す事になっていた」というのは八代将軍以降は当てはまらなくなったという事ですね?当初は御三家がスペアの将軍候補でしたが、代が下ると次第に宗家とは疎遠になります。実際には将軍に弟や甥がいる場合はそちらを優先しました。徳川綱吉や徳川家宣です。御三卿は将軍の弟に準ずる存在とされました。従って、継承順位は御三家より上です。ただし、御三卿は跡継ぎがいなければ家を畳むというルールでした。それなのに跡継ぎの絶えた一橋家に慶喜を養子で持ってきたので話がややこしくなりました。つまり、将軍との血縁の近さが御三卿の唯一のセールスポイントなのに、慶喜は養子で血縁の薄い若者でした。

ゆっくりと流れを追っていきますと、まず徳川家が幕府を開いた後、尾張徳川家?紀州徳川家?水戸徳川家の三家を御三家と決めました。もし徳川宗家の血筋が途絶えた場合、この御三家の中のどこかから養子を迎えて将軍家を継がせるということに決めました。そして実際、徳川宗家は七代で途絶えてしまった。そこで紀州徳川家から八代将軍を選んだのが、徳川吉宗です。ところが、八代吉宗と九代家重は、紀州徳川家の中の田安家?一橋家?清水家の三家を御三卿と決め、将軍家の血筋が途絶えた時は御三家?御三卿いずれかから時期将軍を選ぶという制度に改めてしまった。紀州徳川家にしてみれば、わざわざ他家に将軍職を譲るはずがありませんから、徳川宗家と紀州徳川家御三卿、すべての血筋が絶えない限り、尾張徳川家や水戸徳川家から将軍を輩出することはできなくなってしまったのです。再び、徳川宗家の血筋が絶え、十一代将軍には紀州一橋家から徳川家斉が迎えられます。そうこうするうちに、今度は尾張徳川家の血筋が絶えてしまう。尾張徳川家は、家斉の子どもを養子を迎えて家を存続させます。この時点で徳川家の勢力地図は、徳川宗家、紀州徳川家、尾張徳川家を独占する主流派紀州徳川家と、非主流派の水戸徳川家の二つの勢力に集約されていったのです。一橋慶喜は、水戸徳川家から紀州一橋家に迎えられた養子です。つまり、家系図の上では紀州一橋家の人間ですが、血筋の上から言うと水戸徳川家の人間だった訳です。このことを利用して、将軍を水戸徳川家の血を引く者から輩出しようと考えていたのが一橋派、いや、あくまでも紀州徳川家の純血を守ろうと考えていたのが南紀派という図式になります。ややこしい話ですが、そういう経緯があったのです。

幕末の将軍継嗣問題で一橋慶喜を推した「一橋派」を歴女がわかりやすく。天保の改革を行わせた幕末13代将軍「徳川家慶」について歴女が解説 – Study-Z ドラゴン桜と学ぶWebマガジン 。 しかし現実の13代家定は病弱で引きこもりがち、嘉永7年1854年1月、ペリーの再来日でさらに体調が悪化、幕政を執るどころでは 。 水戸家中では、11代将軍家斉の多くの息子の一人を養子に迎える派と、斉昭を推す学者らの派が対立したが、斉脩の遺書が 。 そして13代将軍家定の将軍継嗣問題で、紀州藩主慶福を擁した南紀派の井伊直弼らに対し、実子の一橋慶喜を擁す一橋派としても直弼と対立。

Ⅱ徳川慶喜一橋家を継ぐ。① 将軍継嗣問題と開国問題。 第13代将軍家定の後継者をめぐり,慶喜を推す一橋派と,紀州藩主徳川慶福を推す南紀派が,それぞれ斉昭と井伊直弼いいなおすけを旗頭に対立した。また通商条約の締結をめぐり,勅許を必要とする斉昭派と開国後に勅許を。家定の祖父家斉は一橋の出で島津はその岳父です。そこから出すのが筋なのです。島津が援護するのも姻戚だからで当然です。なにか勘違いしてませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です