清初呉三桂の反乱平定後の雲南経営について???呉三桂ら3名を雲南広東福建に藩王として封じたとあるのです

清初呉三桂の反乱平定後の雲南経営について。呉三桂ら3名を雲南、広東、福建に藩王として封じたとあるのですが、封じたとはどういうことですか?1673年。聖祖康熙帝は強大化した勢力を削るため、三藩の廃止に踏み切ると、1673年呉三桂ら 挙兵し、三藩の乱が起こった Revolt of the Three Feudatories is squashed by Kangxi Emperor 軍を本土に引き入れて中国統一に協力した明の武将呉三桂は雲南の藩王となり、広東の尚可喜、福建の耿継茂とともに三藩とよばれた。

三藩の乱。三藩の乱 A。D。1673?A。D。1681 清は、清朝に投降した明朝の武将のうち、清の国内平定に功績のあった者を藩王 。 たため、雲南の呉三桂平西王、広東の尚之信平南王、福建の耿精忠靖南王の三藩がおこした反乱を三藩の乱さんぱんのらんという 山海関を突破することができた清軍は、呉三桂らと共に李自成を破って北京を占領し、清は都を北京に遷して華北支配に着手した 康熙帝による君主独裁が完成し、康熙、雍正、乾隆の3代皇帝による清の絶頂期がもたらされる事となった。

第3代世祖順治帝。④呉三桂 1612-78 ら中国本土征服に協力した漢人の有力軍人3人を雲南?広東?福建 の藩王はんおうに任命した三藩。 →「三藩の 。 オランダから台湾を奪取して根拠地とし翌1662没、長男の鄭経は台湾開発をしつつ清朝と戦い続けた。そもそも。三藩の乱。三藩の乱さんぱんのらんは、清朝第4代康熙帝の1673年に起こった漢人武将による反乱。雲南の呉三桂、広東の尚之信、福建の耿精忠が反乱を起こし 。 これらの藩王は藩内の徴兵権?徴税権?官吏任用権などを持っており清の中の半独立国家となっていた。藩の 。 これに加えて台湾の鄭氏政権も呼応し、一時は長江以南は全て呉三桂らの反清勢力の手に落ちたため、清は危機的状況となった この頃北方のチャハル察哈爾では1675年3月にブルニ布爾尼、ベトナムの莫朝の莫元清が三藩の乱に呼応した。

封建です。「藩」は垣根で囲われていることを表し、日本の藩に当たります。王の爵位を与え、藩主にしたことを意味します。皇帝の下に地方の王様藩王を置いてその王に任命するという事です。三藩の乱さんぱんのらんとは。清の意図を知った呉三桂は反清の兵をあげ,湖南に進出してここを根拠地とし,四川, 陝西,江西,福建,広東へと軍を進めた 中国、清初の1673年、漢人の雲南の呉三 桂、広東の尚之信、福建の耿精忠こうせいちゆうの三藩王が起こした反乱。1681年康熙帝が鎮定し、清朝の中国支配を確立 清朝は中国征服に功績のあった呉三桂ら 漢人藩王3人を,雲南はじめ南方諸省に封じていたが,かれら三藩は軍事?財政?人事の特権。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です