第十八章:中国共産党のグローバルな野望(上)?中国の大学では軍事訓練がありしかも必修科目になっている

第十八章:中国共産党のグローバルな野望(上)。中国の大学では軍事訓練があり、しかも「必修科目」になっているけど、外国人留学生はどうするんですか?軍事訓練など典型的な「愛国教育」の場なのに、外国人がいることなどおかしいでしょう?「兵役法」改正と中国の国防体制の変革。 高い戦士が必。 要であるとも発言し2 、軍部隊側にとって新「兵役法」は幾つかの改善や改革の必要があり、そ 。 義について、「ただ単に中国軍を近代化、正規化された強大な革命軍隊に建設しようとするだけ。 ではなく、 。 予備役要員の軍事訓練。 39~42 条。

軍事訓練。軍事訓練ぐんじくんれん、英: military trainingは、軍隊において軍人が受ける軍事的な体力や技能を習得するための訓練である 中国の大学では『軍訓』と呼ばれる訓練が義務化されている 軍事訓練とは、個人または部隊の能力を向上させるために行われるものであり、軍事作戦の計画?準備?実行を含んだ模擬作戦である軍事演習とは。習氏の軍改革「中国の夢」実現へThe。-軍事費は2009~18年の間に実質ベースで83%増え、主要国では群を抜く高い伸び率となった ワシントンにある米国防大学のフィリップ?ソーンダース氏は「各軍は頻繁に合同訓練をし、組織的な問題点を解決。

外国人留学生は軍事訓練の参加は免除です。というか参加させてもらえません。卒業単位から差し引かれています。中国の大学では軍事訓練があり。国防と軍隊の改革。中国人民解放軍の軍事力増強がしばしば指摘されるが、それは何も航空機や艦艇、 火砲など重厚長大な兵器装備。 の開発?配備 。 するために、軍隊として当然取り組むべきことであり、最近の人民解放軍が訓練演習において必ずといっていいほ。 ど「実戦化」を。

冷戦後中国の軍事外交。う戦略であり、中国はこの考え方を応用し、軍事外交を通じて米国と各国との安保関係。 を弱体化し 。 ッシングを招き中国の経済発展は阻害される、という認識に基づき、経済発展には安定した周辺環境が必。 要であり、 。 術訓練の強化等の協力を行うこと等が定められている「中巴互換打撃三股勢力合作協定批准書」新華網、。 2006 年 。 盟国は中国との武器取引を禁止する」との文言が含まれているだけであり、しかもここ。 での武器。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です