西武ファンは“ちょっぴり短気。西武ファンもしくはパリーグファンの方に伺いたいのですが炭谷

西武ファンは“ちょっぴり短気。西武ファンもしくはパリーグファンの方に伺いたいのですが、炭谷捕手の現状の実力は正直なところどうなんでしょうか?巨人ファンですが、小林、大城がいるので要らないと思っています。昨年はあまり出場機会もなかった様ですし、ネットでのファンの評価もあまり芳しくないように見えますが、原監督や評論家は推してて何か違和感あります。打撃力、守備力、肩、リードなどの現時点の実力を教えて下さい。

炭谷の長所は2つひとつは強肩。今までも何度か盗塁阻止率リーグトップを記録したことはある。これは牽制のうまい涌井が抜けた2014年以降での記録も含まれるため、炭谷の力の高さを示していると言える。ただ、小林と比べれば落ちるもうひとつはブロッキング。コリジョンが導入されるまでは外国人によるタックルが多かったが、炭谷は確実にアウトにしていたし、その後普通に試合に出ていた。しかしコリジョンができたことでその武器をいかすことができなくなった打撃についてだが、ここ2年は森や岡田に出番を食われる一方で、休みをとることができるようになった。捕手という過酷なポジションだから休みをとることが大きかったのか、若干成績が上がった。また、基本的にパリーグの方が投手のレベルが高いため、セリーグでも休み休み出続ければ小林よりは打てるのではと思う…のだが、やっぱり打てないままみたいだな。やはり歴代ワーストレベルのOPSの低さは伊達じゃなかった恐らく原が考えているのは、捕手への代打の出しやすさだと思う。巨人は阿部や大城、中島など、代打としてなら使える選手が多い。そして現状、捕手の打力が著しく低いため、捕手に代打を出したい。しかし小林に代打を出すと、まともに守れる捕手がいなくなってしまう。そこで炭谷が加入することで、小林または炭谷に代打を出しても、もう片方を捕手に据えることができるというわけだ。結論としては、言うほど不要でもないってところ。だが、丸との交渉を後回しにして、内海を取られるの覚悟で、3年6億の契約を結ぶ価値があるかと言われれば間違いなく価値はない

ライオンズという万年Aクラスの球団で長年スタメンキャッチャーをしています。球団が森を育成する方針のため控えに甘んじていましたが、過小評価されていると思います。30手前でレギュラー獲りきれない小林や、経験浅い大城とはレベルが違う選手です。西武は涌井、岸、菊池雄星などリーグを代表する投手を排出しており、クセの強い投手を相手にしてきています。投手からすれば投げやすく、キャッチング、リードも高いレベルにあると言えます。肩は平均的で、打撃は平均以下ですので、彼をよく知らないファンからすれば大したことのない選手に見えるのかも知れません。西武でのびのびやってきていますので、巨人という特殊性からくる窮屈さが一番の敵かも知れません。

西武ファンは“ちょっぴり短気。スポーツ中継ストリーミングサービス「スポナビライブ」は、パ?リーグ各球団のファン総勢924人を対象に日頃の応援習慣や日常生活、今季の展望についてのアンケート実施。 同調査結果分析し、取りまとめた「パ?リーグ ファンの応援生態白書。埼玉西武ライオンズ。プロ野球?埼玉西武ライオンズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です