たのきん全力投球。芸能通に質問です最初たのきんトリオが出て来た時新ご三家の

たのきん全力投球。芸能通に質問です最初たのきんトリオが出て来た時新ご三家の西城秀樹 郷ひろみ 野口五郎と比較してどうでしたか?最初7人組の光GENJIが出て来た頃同じ7人組のチェッカーズと比較してどうでしたか?「スーパーJチャンネル」水放送内容。 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で水に放送された内容です。当日に放送された情報もタイムリーに 。 げたで殴られたぐらい厳しい時は厳しい」1980年代たのきんトリオが大人気。その後もシブがき隊など3人組グループを。

たのきんに比べると新御三家は三々五々の人気の出具合、タイムラグがあったから~例えば紅白にしても最初に野口五郎、次の年に郷ひろみ、その次の年に西城秀樹でしたから。まあ、音楽性は子供の頃から本格的に音楽教育受けていた野口五郎、西城秀樹さんはたのきんより突出していたしそれに、長い時間をかけてギタリストのよっちゃんが追いついたジャニーズ関与のひろみ、トシちゃん、マッチは音楽性は他に語るほどじゃない

たのきんトリオ。たのきんトリオとは、田原俊彦トシちゃん、近藤真彦マッチ、野村義男ヨッちゃんの3人のジャニーズアイドルによるグループ名で、1980年代前半に 。 これ以前は、元々この3人をグループとして選抜したわけではなかったことから最初はグループ名も一定せず、集英社の雑誌「セブンティーン」では「悪ガキトリオ」の呼称を使っていた他、「新々御三家」「 。 テキストはクリエイティブ?コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です 。

たのきんトリオと新御三家は比較できないな。光GENJIとチェッカーズと比較したらチェッカーズですな。バンドですし、音楽的にも実力あったし。でも光GENJIも彼らなりの良さがあった。おそらく「新御三家」を知らない、「たのきんトリオ」世代の方からすれば、全く別物の様な印象があると存じますが、「新御三家」を知っている私には、やはり「たのきんトリオ」というのは、「新御三家」の次の世代に応えるために「新御三家」の路線を受け継ぐ、弟分的な男性アイドルだった様に思われてなりません。こちらのブロマイドの売上から考えると、72年③野口五郎⑨郷ひろみ73年①郷ひろみ②西城秀樹⑤野口五郎74年②郷ひろみ③西城秀樹⑥野口五郎75年①西城秀樹③郷ひろみ⑦野口五郎76年①西城秀樹④郷ひろみ77年①郷ひろみ②西城秀樹78年④西城秀樹⑤郷ひろみ79年③西城秀樹⑥郷ひろみ80年①近藤真彦②田原俊彦④野村義男⑤西城秀樹⑦郷ひろみ81年①近藤真彦②田原俊彦⑤野村義男⑥西城秀樹⑩郷ひろみ82年①田原俊彦②近藤真彦83年①近藤真彦②田原俊彦人気絶頂の時期は、「新御三家」は1972年~1981年の10年間と長かったのに対して、「たのきんトリオ」は1980年~1983年の4年間と短かったですが、その分デビュー直後からもの凄い人気でした。男性アイドルの歴史を振り返ると、今でこそ男性アイドルといえばジャニーズになりますが、1970年代のジャニーズはメジャーな芸能事務所ではなく、圧倒的にジャニーズでない男性アイドルの方が主流でした。ジャニーズ事務所出身敬称略郷ひろみ、フォーリーブス、豊川誕、川崎麻世、井上純一???ジャニーズ事務所出身でない男性アイドル敬称略西城秀樹、野口五郎、沢田研二、布施明、にしきのあきら、野村真樹、森田健作、仲雅美、本郷直樹、フィンガー5、あいざき進也、城みちる、太川陽介、渋谷哲平???グループ?サウンズ全盛期の1968年にフォーリーブスが最初のジャニーズ事務所のアイドル?グループとしてまず登場しました。その後グループ?サウンズのブームが去り、1970年代のソロ歌手時代が到来しため、フォーリーブスの弟分だった郷ひろみさんを、1972年にジャニーズのソロの看板アイドルとして登場させました。そしてジャニーズ事務所とは全く無関係な、しかもロック系で人気実力派歌手の西城秀樹さん力強く感情的で声量のある歌唱、演歌系で実力派歌手の野口五郎さん巧みで理性的でしっとりした歌唱と共に「新御三家」と呼ばれ、トップ?アイドルとして一世を風靡しました。個々の才能が素晴らしいということは言うまでもありませんが、この事がアイドルはタイプの異なる者同士をユニット化して売り出す方が、飽きられず長続きをするということのヒントになったのかもしれません。やがて1980年代になり、「新御三家」の次の世代に応える、新たなアイドルの登場が待ち望まれました。ジャニーズ事務所がそのチャンスに、ドラマ『3年B組金八先生』に出演させて、一躍脚光を浴びさせたのが「たのきんトリオ」でした。しかし、それは全く別物ではなく、やはり「新御三家」の路線を受け継ぐものでした。それは、郷ひろみさんの「正統派?アイドル」路線の田原俊彦さん、西城秀樹さんの「硬派?青春スター」路線の近藤真彦さん、野口五郎さんの「哀愁?ギタリスト」路線の野村義男さんの三人でした。さらにその成功から、「たのきんトリオ」を実際にユニット化した様な、1982年にシブがき隊、1985年に少年隊などを続々登場させました。特に少年隊の錦織一清さんは田原俊彦さんを思わせ、植草克秀さんは近藤真彦さんを思わせます。なおチェッカーズは、この頃1983年に登場しましたが、ジャニーズアイドルではなく、バンド系のアイドルとして異なった印象がありました。1970年代で例えると、「新御三家」に対して、世良公則&ツイスト、原田真二さん、チャーの「ロック御三家」の様な感じでしょうか。その後のジャニーズアイドルとしては、さらに世間に対するインパクトをより強くするという考えで、「多人数」と「ローラースケートによるパフォーマンス」を売りにした光GENJIが1987年に登場し、「バンド」を売りにした男闘呼組が1988年に登場、さらに1990年には「激しい動き」を売りにした忍者が登場し、「少年御三家」と言われました。これらが言わずと知れた1990年代以降のSMAP、TOKIO、嵐、V6等のアイドル?グループの原点でした。

ジャニー氏の独創的な命名。その命名の歴史において、厳密なグループ名とは少し異なるが、異彩を放っているのが、1980年の「たのきんトリオ」だ 三人ともジャニーズ?プロの所属だが、初めからトリオで売り出したわけではなく、これといった特徴もないのに、「金八」が終わる三月ごろから急に人気が出 。 中居:最初、たのきんトリオじゃないですか 著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』青弓社では、関係者への取材をもとにジャニー喜多川氏の『哀愁でいと』『抱きしめてTONIGHT』 。 3商品の状態や作品の知識などを質問する

野村義男。 たのきんトリオの誕生~ジャニーズの復活田原俊彦と近藤真彦~それぞれの軌跡と魅力 前回は、たのきんトリオのうち 。 のコーナーに「気まぐれONE WAY BOY」でTHE GOOD-BYEが出演した際、その日出演していた近藤真彦が「最初で。田原俊彦と近藤真彦~それぞれの軌跡と魅力。 前回は、1970年代後半のジャニーズの状況、さらに学園ドラマの新しい流れのなかでた のきんトリオが誕生する様子を振り返った。今回は、たのきんトリオの歌手デビュー順に田原俊彦と近藤真彦についてみていきたい。

芸能通に質問です。 おそらく「新御三家」を知らない、「たのきんトリオ」世代の方からすれば、全く別物の様な印象があると存じますが、「新御三家」を知っている私には、やはり「たのきんトリオ」 というのは、「新御三家」の次の世代に応えるために「新御三家」の路線を。歌唱力は、西城秀樹さんが断然上!人を感動させる力は桁違い!西城秀樹>野口五郎>>郷ひろみ>近藤真彦>田原俊彦?野村義男チェッカーズ>>>光GENJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です