高校1?2年生に向けた大学受験対策~数学編(ユークリッドの互、高校一年生です 数学Aのユークリッドの互除法と二元不定方程式

高校1?2年生に向けた大学受験対策~数学編(ユークリッドの互。高校一年生です。数学Aのユークリッドの互除法と二元不定方程式についての質問です。①3x-7y=1や、②11x+2y=5などの式の私の解いた答えがワーク付属の解答と全く合わないのですが、知恵袋で気になって同じ問題の質問を調べてみたところ、私と同じ解答をしている人がいてそれが答えだとおっしゃっていました。二元不定方程式には1つの式でもたくさん答えが存在するということでしょうか?付属の解答と答えが違うと自分の解答が本当に合っているのかわかりません。ちなみに私の解いた答えは①x=7k+5、y=3k+2、②x=2k+5、y=-11k-25です。そもそも私の回答が間違っているのですか…?日本語変になってたらすみません。回答よろしくお願いします。

高校。+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 。①:あってます。②:あってます。答えは、①では、k=k+nとします。x=7k+5=7k+7n+5y=3k+2=3k+3n+2nの値は整数であれば何でもよい。ですので、解は無数にあります。②もそうです。この相違ではないでしょうか?

ユークリッド互除法と2元1次不定方程式。ユークリッド互除法と2元1次不定方程式!例題で分かりやすく理解。 高校数学数学ⅠA。 数学 2018。11。12。 ユークリッドの互除法とは、2つの整数の最大公約数を求めるような方法です。 これを応用して、2元1次不定方程式の解を求めることもできます。方程式を満たす1組の整数解を求める途中の式変形について。方程式を満たす1組の整数解を求める途中の式変形についてについて。高校生の苦手解決Q&Aは、あなたの勉強に関する苦手?疑問?質問を、進研ゼミ高校講座のアドバイザー達がQ&A形式で解決するサイトです。ベネッセ進研ゼミ高校講座

不定方程式の一般解は、①特別解のとり方、 ②変形の仕方、で、その表示は変わる。つまり、一般解は無数にある。参考書や問題集の解は、その一つに過ぎない。従って、求めた一般解を原式に代入して、左辺=右辺になったら、その一般解は正しいと言うことになる。上の方法で自分で確認できるから、やってみたらよい。二元不定方程式には1つの式でもたくさん答えが存在するということでしょうか?その通りです合っているのかどうかは与式に代入して成り立つかどうかでわかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です