2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)???!日本のエネルギー問題について質問です再生可能エネルギー所

2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)。日本のエネルギー問題について質問です再生可能エネルギー、所謂自然エネルギーですが、このエネルギーによる発電方法によるエネルギー問題解決は日本においてあり得ますか?本当に、全くもってド素人ですが、個人の意見としては今はまだあり得ないのではないかと思っていますそもそもコストが高い発電方法ですし、製造過程でCO2が出るとききます製造に電気が必要で、その電気は火力から引っ張ってこないといけないわけで、クリーンエネルギーと呼ばれる割には環境汚染してますよね再生可能エネルギーはうん十年も前から研究されているらしいですが、その割には技術革新もなく、急速な進展もあり得ない分野だと思っていて、発電量が安定しないこと、製造時の必要電力から常にパートナーとなるメインの発電方法が必要で、その方法は原子力でないなら火力しかありません最近地球温暖化について何も聞かないですが、地球温暖化は勝手に起こるもので人類の二酸化炭素大量排出が問題なのではないという論文発表というか、そんな説があったなと覚えていますが、火力をパートナーにして良いのはその説が正しいときだけですよね疎いのでこれが昨今の科学の中では当たり前なのかもしれませんが、それなら流石に小耳に挟むと思うので、地球温暖化は二酸化炭素増加によるものだと思っています福島第一原発はアメリカの技術によって建てられた日本でも古い原子力発電所で、製造方法が日本に合っていなかったというのを最近ちらっと読みました製造コストの問題やそもそもの発電効率の低さから電気の値段は爆上がり、それを嫌って火力発電所をガンガン回し、二酸化炭素を排出して地球温暖化を進めるそれよりは圧倒的に効率の良い発電方法であり、大気汚染も行わず、地球温暖化にも影響なく、リスクマネジメントを取っても圧倒的に死亡者の少ない原子力が最も有効なのではないんですか?やはりこれは素人の考えなんでしょうか?

原発はウラン鉱石の自然エネルギーだ。再生できない方のだが。このエネルギーによる発電方法によるエネルギー問題解決は日本どころか世界でもあり得ないのが事実だ。日本では全一次エネの7%程度、今はほんの1%くらい。世界でも5%だ。国民大部分の知識としては、今も将来も決してあり得ない、というのが科学的知見というやつだ。そもそもコストが?デモに高い発電方法だし、製造過程でCO2が出る運転中も石油を炊く。製造に電気が必要で、その電気も火力から引っ張ってこないといけない。クリーンエネルギーと「自称」するくせに、広大な地域を放射能汚染でシャットアウトだ。原発は70年弱も前から研究されているらしいが、まったく技術革新もなく、急速な進展もまったくない分野だと確定している。おまけに無駄な発電を垂れながし、製造時も運転時も、故障や事故時も、常にパートナーおよびバックアップ代替えとなる発電が必要で、その方法は火力その他だ。最近地球温暖化についてCOP24でCO2排出削減の世界的義務の決定がされたが、厚顔無恥にも、地球温暖化は勝手に起こるもので人類の二酸化炭素大量排出が問題なのではないという、アメリカのトランプが札束で誰ぞに書かせ、研究者による査読もない論文が出版された。トランプは石炭をパートナーにして選挙票にし、日本政府も与党もエネ計画で石炭推進だ。昨今の科学では地球温暖化は二酸化炭素増加によるものだと、ほぼすべての科学者が合意している。福島第一原発はアメリカの技術によって建てられた日本でも古い原子力発電所だが、すべての原発がアメリカの技術で日本企業が製造したもので、製造方法どころか、原発の原理そのものが日本列島に適合しない。製造コストの問題は今や暴騰して、東芝は倒産寸前に追い込まれ、日立や三菱重工も巨大な不良債権を抱え、WHは倒産し、GEは撤退し、アレバも倒産寸前だ。そもそもの危険性の高さから電気の値段は爆上がり、それを嫌って石炭発電所をガンガン回し、二酸化炭素を排出して地球温暖化を進める。世界の発電の半分は石炭だ。それよりは圧倒的にエネルギー経済効率が良く、最も電気料金が低い発電方法であり、大気汚染はゼロで、地球温暖化対策の切り札で、リスクマネジメントを取っても圧倒的に被害ゼロどころか、災害耐性がもっとも高い再生可能エネが、最も有効なのは確定した事実だからこそ、全世界が普及に驀進している。やはりこれ以外には選択肢はないと、とっくの昔から世界は見切っているのだ。

発電方法別のCO2排出量はどれくらいですか。お客さまから多く寄せられるご質問とその回答を掲載しています 火力発電について は、発電時にCO2が発生しますが、原子力発電や自然エネルギーによる発電について は、発電時にCO2が発生しま 。 日本はエネルギーをどの程度輸入しているのですか?資源エネルギー庁がお答えします。しかし、日本ではまだ「主力」とまではいかず、再エネが電源構成全体を占める割合は15。3%です。 まず、再エネには、ほかの電源よりも発電コストが高いという問題があります。世界には、自然の条件に恵まれていて多くの電気を発電できる、。

環境にやさしい再生可能エネルギー。近年、注目が集まっていますが、広く活用していくためにはさまざまな課題もあるのです 。「再生可能 。 よくあるご質問お問い合わせ。 法人の 。 国内で消費しているエネルギーの大半を海外からの輸入に依存している日本では、エネルギー自給率の向上が課題のひとつとなっています です。 再生可能エネルギーは、利用率の低さや発電コストの高さが問題視されているため、なかなか普及が進みませんでした。

再生可能エネルギーが未来を変える。最近では「再エネ」と簡略化されて呼ばれることも多い「再生可能エネルギー」とは、 そもそもどのようなエネルギーなのでしょうか? 一般的には、 。 まず1つめに挙げられるのは、再生可能エネルギーによる日本が抱えるエネルギー問題解決への期待です。 近年、日本の主な 。 出典:WWFジャパンウェブサイト地球温暖化についてのIPCCの予想シナリオ IPCC AR5 WG2 SPMを基にWWFにて作成。 このような影響。

そうですね、問題はコストでして、コストを掛ければ資源のない日本でもエネルギーを得ることは可能です。現状、一番安く発電できるのは火力ですが、日本にはガスも石油もないので輸入に頼ることになりますし、二酸化炭素を排出します。次に安く発電できるのが原発ですが、こちらは大規模な事故を起こしました。後処理の費用などを含めて考えると、決して安くないという主張もされています。水力も安いのですが、物理的に、設置できる場所と発電量が限られます。太陽光は、今年度の買取価格は14円/kWhです。これは原発とほぼ同じ価格ですが、電力会社の決算資料にある価格と比較した場合出力が不安定であるという欠点があります。特に九州では発電量の増加によって送電に支障が生じるということで、今年の冬は買取制限が頻発されました。あと、発電方法ごとにも特性があります。原発は出力を全くと言ってよいほど調整できないので、火力と組み合わせて使用しないと正しく送電できません。数十分程度であれば一時的に出力を下げることは可能ですが、それ以上下げるには一度運転を停止する必要があり、再稼働に数日を要してしまいます。太陽光は出力を制限することが出来ますが、天気に左右され、夜間は発電できません。一番扱いやすいのは水力ですが、蓄えられる水の量で発電量が制限されます。で、結局、日本は昔から発電量の6~7割を火力に頼っていて、それは今後も当面は変わりません。ただ、火力にはエネルギー保障上の問題があります。今後どう解決していくか、よく考える必要があると思います。個人的にはすでに太陽光は原発レベルまでコストが下がっているので、太陽光で必要以上に発電した上で、他の発電方法と組み合わせて使用するのが現実的なのではないかと思います。蓄電池を利用した送電システムの実証実験も各地で実施されていて、良い成績を収めて居る様です。日本でも検討すべきだと思います。昨年の北海道のブラックアウトも原発を運転していても避けられなかったと聞いています。東日本大震災でも、大規模な電力不足に陥ったのは、発電所が原発火力含めて多くが海沿いに建設されていたためです。原発も火力もボイラーで発電するため、冷却に大量の水を必要とするため日本の場合、送電システム自体が脆弱であると思います。

そうですね。あなたの意見は、使い古された『原発カルト』の宣伝文句そのままです。再生可能エネルギーのうち『太陽光発電』は最も安い発電コストになりました。風力発電のやがてそうなります。原発は『最も高い発電コスト』になりました。 原発に『安全』はありません。世界中で原発の事故は起こっています。運よく『過酷事故』にならなかっただけです。 また、核のゴミの処理方法は見つかっていません。どこの国も『処理できず』核のゴミが溜まっています。 太陽光発電では『夜には発電できない』という特徴があります。風力発電には『風が吹かなければ発電できない』と言う性質があります。 それは『欠点』ではなく『特徴』です。その特徴を生かすのが『知恵』であり、科学なのです。今は『必要なだけ』発電するという考え方です。しかし、自然エネルギーの特徴を生かし、『余った電気』を『有効に使う』のが知恵なのです。 『水素製造』もその一つです。蓄電技術も進歩しています。 『原発』はもう過去のものです。30年後にはほとんど消えているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です