プレミアリーグで長年活躍する吉田麻也「スタジアムの雰囲気が最高」?吉田麻也は去年のW杯で完全に日本史上最高のCBの地位を確立さ

プレミアリーグで長年活躍する吉田麻也「スタジアムの雰囲気が最高」。吉田麻也は去年のW杯で完全に日本史上最高のCBの地位を確立させましたよね?W杯前までよくネット上で「歴代CBは吉田か?中澤か?闘莉王か?」という議論がよくされていました。 個人的にW杯前から日本史上最高のCBは吉田だと思っていましたがね。 やはりプレミア、しかも中堅クラスのサウザンプトンで毎年そこそこのスタメン出場を果たしている事が大きいと思います。 歴代の日本人CBでは考えられない事です昔、中澤はバイエルンから、闘莉王はACミランからオファーがあったという情報をWSDで見た気がしますが。 単なる広告塔ではない。能力がなければサッカー界の最上級リーグのクラブでそこそこの出番を与えられるはずがありません。 彼は日本のCBの前例を覆した偉大なCBだと思います。 だが、中澤派に闘莉王派の人々はW杯の事を挙げていました。 「中澤と闘莉王には2010年W杯でベスト16に貢献した実績がある。吉田にはない」「吉田は中澤に闘莉王と違ってポカミスが多い」という意見もありました。 能力とクラブでの実績は完全に吉田の方が上ですがポカが多いといっても吉田の場合のザックジャパン、アギーレジャパンの時はぽぜっしょん型であり最終ラインは高かった。強豪相手にはカウンターを食らう回数が多く彼への負担が多かった。疲労が溜まるような展開でミスが起こるのは個人的に仕方がないと思います。 確かにW杯の実績だけは吉田は二人に劣る。 4年に1度のW杯だからどの大会よりもサッカー界にとって重要度の高い大会。 その大会でベスト16、しかも開催国以外の国でただ個人的に日韓W杯で初のベスト16に貢献したフラット3、宮本、中田浩二、松田直樹が歴代No1候補に入らない事は過小評価されていると思いますがベスト16に貢献した中澤と闘莉王をNo1に推す気持ちも分からなくありません。だが、去年のW杯で日本はベスト16進出を果たしました。 吉田と昌子の貢献度も高かった。 昌子の活躍が注目を浴びていましたが、彼が活躍出来たのは吉田の存在があったからです。 ついに中澤、闘莉王に劣っていたW杯での実績で上回った吉田。 昌子に冨安が今後、吉田を超える可能性はありますが、現時点では完全に吉田麻也が完全に歴史上No1の称号を獲得したと思います。 皆様も去年のW杯ベスト16で吉田麻也が日本史上No1のCBを確立させたと思いませんか?

吉田麻也は日本代表史上最高のセンターバック。イングランドプレミアリーグのサウサンプトンに所属する日本代表不動のセンターバック、 吉田麻也選手 今や完全に日本代表DF陣の柱といってもいい吉田麻也選手ですが、彼のA代表での軌跡も振り返ってみましょう W杯予選の次に重要なアジアカップメンバーとして招集されると、いきなり初戦のヨルダン戦で今野泰幸選手とセンターバックを組み、0-1で敗色濃厚だったアディショナルタイムに劇的な同点。

思いません。少し過大評価ではないでしょうかね。そこまで良い選手だとは思えません。歴代8人目の100試合出場へ。-つねに先を見据えるDF吉田麻也サウサンプトンがキルギス戦を前に、ピッチ内全体の守備のマネジメントに関する意識についてこう語った。「メンツ23:51日本代表 一覧 。 これから相手が強くなったり、W杯が近づいていけばその短い時間の中で修正したり、軌道修正しなければいけないことが続いてくる。こういう。

ロシアW杯の躍進を幸運に恵まれたおかげと否定していた男が舌の根も乾かん内にそのチームのディフェンスリーダーをNo.1などと誉め粗野すとは大した厚顔だな笑ポゼッションサッカーを否定している臆病者が最終ラインからのビルドアップを得意とするCBを称賛するとは支離滅裂ですな笑そもそも中澤や闘莉王あたりと比較している時点で井の中の蛙ですな笑最後に本職がボランチの純粋なDFではない中田浩二をDFの歴代No.1候補とかほざいている厚顔無知を思いっきり笑ってあげます大爆笑

選手名鑑吉田麻也の現在地。目次吉田麻也のプレースタイルと選手紹介選手紹介吉田麻也のプロフィール ヒストリーヒストリーヒストリー 。 選手名鑑吉田麻也の現在地|世代交代しつつある日本代表での「史上最高CB」の存在証明 。 2014年 – 2014 FIFAワールド カップグループリーグ敗退 2015年 。 8月30日、イングランド?プレミアリーグのサウサンプトンFCへ完全移籍。9月15日のアーセナル戦で途中出場し、プレミアリーグ初出場を果たした。

吉田麻也。吉田 麻也よしだ まや、 – は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。セリエA?UCサンプドリア所属。ポジションはディフェンダー 。 シーズン終了後の12月28日にオファーを受けたオランダのVVVフェンローへ完全移籍 リーグ第24節マンチェスター?ユナイテッド戦では相手の香川真司と共に先発出場し、プレミアリーグ史上初の日本人対決を実現させた その後も長谷部不在時にはキャプテンを務めるなど存在感を示し、日本代表で唯一W杯予選の全試合に900分間フル出場する事で、 2018 FIFA。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です