個人住民税における特別徴収推進について/町田市ホームページモバイル。住民税の普通徴収について質問させてください

個人住民税における特別徴収推進について/町田市ホームページモバイル。住民税の普通徴収について質問させてください。主人が転職したのですが、その会社は特別徴収ではなく普通徴収ということで、納付書が送られてきました。が、その納付書を主人がなくしてしまい、とりあえず督促状がきてから払込みをしています。その払込金額に延滞金も含まれているのでしょうか、、?普通徴収だからこんなものなのかな、と思って払込用紙通り毎回3万円ほど払っていたのですが第4期で2万8000円ですよく考えたらちょっと高いよなぁ、、と思って調べてみても無知なためよくわかりませんでした。。横浜市、年収350万です主人いわく給与も同じくらいで特別徴収の会社だったときは、住民税は月に4500円ほどだったり他の会社はもっと安かったらしいのですが、なぜ普通徴収だとこんな金額なんでしょうか?読んでいただいたらわかるとおり何を書いたらいいのかもわからず、頭の悪い質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。なにか他に書くべき情報があればご指摘お願いします。。普通徴収だとまとめて支払いなので割高に感じるのはわかるのですが、以前の会社での給料明細の住民税の月々の金額と比べて、今の月々の住民税が2倍ほどの金額なのはなぜでしょうか、、?なにか申請していなくて、差し引かれていないものがあるのかなと心配です。転職後の会社のお給料に違いはほとんどありません。

個人住民税における特別徴収制度の推進について。毎年5月に特別徴収義務者事業者に特別徴収税額通知書を送付させていただきます 3個人住民税の特別徴収差し引き6月から翌年5月までの給与支払い時をしてください 注普通徴収切替理由書又は特別徴収実施困難理由届出書の内容については、下記「特別徴収のよくあるご質問」の問4、5、6、8をご覧。ご心配無用です。28,000円なら、督促状が来てすぐに払えば延滞金はかかりません。特別徴収と普通徴収で、払う回数は変わりますが、年度毎の合計金額が変わることはありません。会社毎に変わることもありません。

普通徴収は6月から4期に分けて払います。特別徴収は12分割して6月以降の給与から払います。つまり、普通徴収の1期あたりに払う金額は、特別徴収の1か月当たりの約3倍です。個人住民税と特別徴収について。地方税法では、所得税を源泉徴収している事業主については、従業員の個人住民税を特別徴収しなければならないことになってい 。 するときは、普通徴収にすることができますので、給与支払報告書の提出時に普通徴収切替理由書に記載して提出して ください。

ずっと収入が変わらず、特別徴収税額が2倍になったのなら、各種控除が適用されなくなったとかが考えられます。毎年5月ごろに届く、特別徴収税額通知書を見て、現在も配偶者控除や扶養控除などが適用されているかどうか確認しましょう。個人住民税の給与特別徴収について住民税。岡山県及び県内すべての市町村は、税負担の公平性を確保するため、個人住民税の特別徴収の普及促進に取り組んでいます 給与支払報告特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を、異動事由が発生した月の翌月10日までに必ず提出してください なお、普通徴収による税額のうち、既に納付済の税額部分や、普通徴収の納期限を過ぎてしまった税額部分については、特別 。 事業所の所在地や、特別徴収関係書類や給与支払報告書の総括表等を送付させていただく住所、名称、電話番号等に。

個人市民税の給与からの特別徴収について/加古川市。個人住民税の特別徴収の一斉指定等詳しくは兵庫県のホームページをご覧ください 従業員が自分で納付する普通徴収では年4回払いですが、特別徴収では年12回に分割して毎月の給与から天引きされますので、1回 。 質問.何か制度の改正があったのですか。 答え。制度の改正が行われたわけではありません。元々、昭和30年より地方税法により 。 毎年1月末日までに提出することになっている給与支払報告書総括表の特別徴収在職者で給与天引き欄に人数を記入の上、提出してください。

主人いわく給与も同じくらいで特別徴収の会社だったときは、住民税は月に4500円ほどだったり他の会社はもっと安かったらしいのですが、なぜ普通徴収だとこんな金額なんでしょうか?>住民税は前年の収入に対して 6月から課税されます。H29年の収入に対して H30.6~H31.5月までが課税期間となります。そして お給料からの天引き特別徴収の場合は 年の住民税を 1/12で計算して お給料から差し引きますが 普通納税の場合は 4期での納税となりますので 一回当たりの納税額は高くなります。4期で 28000円ということは 一期は課税額を調整するため 若干の差がありますが 28000円×4=112000円112000円÷12か月特別徴収の場合≒ 9333円となり6月分が調整額で若干高くなりますが 9000円ほど お給料から特別徴収であれば 納税します。補足より。お給料に違いがなくても 控除額に変更があれば 税額はあがります。源泉徴収票から 住民税は計算できますので トライしてみてください。

個人住民税における特別徴収推進について/町田市ホームページモバイル。東京都では、法令の適正運用や納税者の利便性向上などの観点から、個人住民税の特別徴収の推進に取り組んでいます 町田市でも平成29年度から所得税の源泉徴収義務のあるすべての事業主の方を個人住民税の特別徴収義務者として指定させて 。 普通徴収個人納付の納期が原則、年4回であるのに対し、特別徴収給与天引き は年12回であるため、1回あたりの負担 。 徴収ができなくなった場合は、速やかに給与支払報告特別徴収にかかる給与所得者異動届出書を提出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です