「北朝鮮は非核化に本気ではない」見極める10のポイント。北朝鮮 いよいよ後がなくなり本気で撃ってくるかもしれません

「北朝鮮は非核化に本気ではない」見極める10のポイント。北朝鮮。いよいよ後がなくなり、本気で撃ってくるかもしれません。北朝鮮が衛星を発射するとして、どこに撃つのが効果的だと、彼らは思うのでしょうか。合理性を失っていない場合と、失っている場合それぞれどう思いますか?どうせ北朝鮮は核?ミサイル開発をやめないのだから、早い段階で潰しておいた方がいい。●北朝鮮、ミサイル発射準備か=製造施設でも動き-米専門家21時04分ソウル時事北朝鮮の平壌近郊にあるミサイル製造施設で車両などの動きが活発化していることが、米専門家ジェフリー?ルイス氏の衛星画像分析で明らかになった。北朝鮮北西部?東倉里のミサイル発射場でも復旧の動きが確認されており、米CNNや公共ラジオ電子版はこれらの動きから「北朝鮮が近くミサイルまたは宇宙ロケットを発射するための準備を進めている可能性がある」と伝えた。ルイス氏は8日付のブログへの投稿などで、ハノイでの2回目の米朝首脳会談前の2月22日に撮影された衛星画像を分析し、平壌近郊の山陰洞にあるミサイルや宇宙ロケットの製造施設のほか、運搬用の鉄道拠点で動きが見られると指摘した。その上で、ミサイル製造施設や発射場の活動について「近く発射が行われることを示している可能性がある」と述べた。●北朝鮮 ミサイル製造工場でも稼働再開か 米専門家分析 17時13分北朝鮮情勢北朝鮮の首都ピョンヤン近郊のミサイル製造工場で先月、多くの車両が出入りするなど、何らかの活動をしていたことが衛星写真の分析から明らかになりました。専門家は「稼働を再開した可能性がある」と指摘しています。新たな動きが確認されたのは、北朝鮮の首都ピョンヤン近郊のサヌムドンと呼ばれる場所にある兵器工場です。北朝鮮の軍事施設に詳しいアメリカ、ミドルベリー国際大学院モントレー校のジェフリー?ルイス氏が、米朝首脳会談を前にした先月22日に撮影された衛星写真を分析したところ、工場に多くの車両が出入りしているのが分かったということです。近くにある鉄道の施設でも貨物列車の周囲で大型の車両が活動しているのが分かります。兵器工場ではこれまで、北朝鮮が「人工衛星の打ち上げ」と称して発射した事実上の長距離弾道ミサイルや、ICBM=大陸間弾道ミサイルの製造が行われたとされていて、ルイス氏は「稼働を再開した可能性がある」と分析しています。北朝鮮では、事実上の長距離弾道ミサイルの発射を繰り返してきた北西部トンチャンリ東倉里にあるミサイル発射場でも施設を急速に建て直し、通常の運用が可能な状態にまで復旧したとみられています。こうした動きも踏まえてルイス氏は、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射を準備している可能性も否定できないという見方を示しています。●北朝鮮のロケット施設が活発化、打ち上げ準備か 米専門家3/9土 14:00配信デジタルグローブが2月22日に撮影した平壌近郊の山陰洞にあるロケット製造施設 CNN北朝鮮の平壌近郊にあるロケット組み立て施設で活動が活発化し、打ち上げの準備が進んでいる可能性があることが衛星画像からわかった。ミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プロジェクトトップのジェフリー?ルイス氏が8日、CNNに明らかにした。一連の画像は米衛星画像企業デジタルグローブが先月22日に撮影したもので、平壌近郊の山陰洞サンウムドンにある施設で活動が活発化した様子をとらえている。専門家2人はCNNの取材に対し、衛星打ち上げを示唆する動きとみていることを明かした。北朝鮮は以前、山陰洞で大陸間弾道ミサイルや衛星打ち上げ用ロケットの一部を組み立てていた。これに先立ち、北朝鮮情報サイトとして定評のある「38ノース」は、西海ソヘ衛星発射場が通常の稼働状態に戻ったとの分析を発表した。同発射場は金正恩朝鮮労働党委員長の意向で一部解体されていたが、この数週間は復旧作業が進行。特にハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わって以降、作業ペースが上がったとみられる。ルイス氏は「山陰洞の施設と西海に向けた積載を行う鉄道輸送ポイントで車両の動きが多くみられる」と指摘。山陰洞と西海の双方の動きから「衛星打ち上げだと考えている」と述べた。ただ、北朝鮮が軍事用ミサイルと宇宙ロケットのどちらを準備しているのか把握するのは不可能とも注意を促した。また、米国の偵察衛星の注意を引こうと故意に行っている活動の可能性もある。米国務省はこの件でコメントしていない。別の専門家は西海からIVBMが発射されたことがないことから、衛星打ち上げの可能性の方が高いと見る。過去の事例から、発射場の動きから発射の約1週間前には予想できるとも指摘した。人工衛星の打ち上げでは、弾道ミサイルに似た技術が使われる。専門家はかねて北朝鮮による衛星打ち上げの試みについて、有効な長距離弾道ミサイルの開発につながる可能性があると警鐘を鳴らしてきた。●北朝鮮ミサイル施設「稼働可に」 米シンクタンク毎日新聞 18時16分最終更新 3月8日 23時58分ワシントン高本耕太米シンクタンクの戦略国際問題研究所CSISなどは7日、北朝鮮の北西部東倉里トンチャンリのミサイル施設「西海ソヘ衛星発射場」について「通常の稼働が可能な状態になった」との分析を発表した。6日に撮影された商業衛星写真を解析した。 トランプ米大統領は7日、北朝鮮の動きについて「少し失望している」と記者団に述べた。だが、米政権は北朝鮮との対話姿勢は継続する構えで、西海発射場の動向に関しても現時点で非難は避けている。米国務省高官は記者団に「何が起きているのか、明白な結論には至っていない」と断定を避けた。 今回の北朝鮮の動きは、物別れに終わった2月27~28日の第2回米朝首脳会談を受けた「トランプ政権への不満表明」との見方がある一方、韓国に対し何らかの行動を促すシグナルとの分析もある。 発射場は昨年8月から活動を停止していた。復旧の動きが確認された今月2日の写真と比較して▽エンジン燃焼実験場で保護カバー設置▽ミサイル発射台から建設用クレーン撤去▽レール式移送構造物が復旧――などが視認できるという。北朝鮮分析サイト「38ノース」は、発射台周辺で複数の車両の動きが見られると発表した。 西海衛星発射場は、昨年6月の第1回米朝首脳会談で北朝鮮側が廃棄を約束したとされる。同9月の南北首脳会談の平壌共同宣言にも「永久廃棄」が明記された。

北朝鮮。そんなに馬鹿ではないでしょうね。今現在、国際条約違反の拡大をしていますが、出来なくなれば、可能性が高くなるでしょうね。ま、未来人の予想でも、核兵器をアメリカに打つらしいので、注意が必要ですな。韓国。仮に日本が北朝鮮の直接攻撃に見舞われたとして、韓国政府は別に,、一般市民はどう反応するか? 。 北朝鮮は次から次へと、よく新型ミサイルを出せるなあと感心する これによって、アメリカ側は日本政府は本気だ、と判断して「トモダチ作戦」を発動 筆者が興味をもったのは、地下資源を売ったとか、不特定の女と交流し資本主義的生活を送ったとか、外国でバクチをやったとか、 。 ソンタクという邪魔者がいなくなり、 ジョンウン独裁体制が確立するので、決定が早くなり、改革開放が促進され、半島情勢は安定化に。

北朝鮮の核武装を望む韓国:日経ビジネス電子版。文在寅政権の挙動が怪しい。韓国は「北朝鮮の核の傘」に入るつもりなのか。朝鮮日報の池海範記者は記事「『北朝鮮の核は民族の資産』という幻想」でそのことを明確に指摘した。韓国保守の間では「青瓦台は北朝鮮の別働隊」と考える人も。1からわかる。-北朝鮮の国営メディアはSLBM潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表 世界の軍事大国アメリカと、正式な国交もない、戦争も正式に終わってない??? そうなると、北朝鮮を守るためには軍事力は必須であるというロジックなんだよね ただ、北朝鮮がミサイル実験を重ねて精度を高めている中で、まかり間違って北朝鮮がミサイルを撃って、日本や韓国に着弾する可能性がゼロかと言われると。

平成知事会見記録。去年、国際情勢が緊張する中で、北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次ぎ、岩手県としてもそのたびに県民の不安が高まる状態が続き 。 不正常な状態がいよいよ解消されるということは、東アジアの緊張緩和ということで、非常に歴史的な意義のあることだと思います なカーブを描いているわけで、それをどこかで底を打って、定常状態に持っていくようにするというところが最大のポイントです ただ、いわゆるモリカケ問題とかという中には、戦前軍国主義化の否定、民主主義の道を進むという非常に大事な問題とか、あとは。

中国。対北緊密協力で「米中蜜月」をアピールするも、トランプの中国認識は強硬論一色である。南シナ海 。 第2に、韓国がいかなる反応をするか、つまり北朝鮮攻撃作戦遂行後、米韓関係は緊密化するか、対決となってしまうのか、である 正義が統治する社会を定義するより、状況を不適切と非難することは易しい」就任後初の施政方針演説をするトランプ米大統領=2月28日、 。 したがってドルを売って人民元を買う トランプ政権がいよいよ始動する長谷川豊公式ブログ「本気論 本音論」より転載。

いくら金正恩でも?撃てば我が身や国が?どうなるかくらいはわかりきっているから?撃たねーだろよ。万が一にも撃てば?自殺行為&北朝鮮の滅亡を意味するからな。「緊迫。ミサイルや核開発、日本?アメリカ?韓国との対立など「緊迫する北朝鮮問題」に関する最新のニュースをお届けします。撃つわけない。それはテロ国家として、自身が認めた事になり。アメリカを始め、ヨーロッパ各国から非難をうけるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です