日本人FWが世界と戦う術もここにあり?興梠慎三は世界何番めのストライカー何番目と言うのは難し

日本人FWが世界と戦う術もここにあり。興梠慎三は世界何番めのストライカー??日本人FWが世界と戦う術もここにあり。身長に恵まれない日本人FWが世界の高身長DF相手に抗う術はないのだろうか」という問いに対して、日本屈指の「動き出し 。 この試合は、前半と後半で全く異なった状況となり、その理由を考察するのも面白いゲームであったが、それよりも印象に強く残ったのが興梠慎三のパフォーマンスであった もので、高さを持ち味としていないストライカーにとってはまさに「参考書」とも呼べるべきエッセンスが詰まっていた。

『勝てる相手だと思っていたので。 勝てる相手だと思っていたので、正直悔しい興梠慎三』ACL 全北vs浦和 選手コメント抜粋 。 興梠慎三が良い動き出しをしてくれたので、アーリークロスを上げれば必ずチャンスが来ると思っていた 今更、一人の優秀なストライカーを連れてきたって、 このチーム状況はそれ以前の問題でしょ? 。 ポドルスキーという世界有数の選手を揃えていても、それを生かせる戦術じゃないから今のような成績なんじゃん。

何番目と言うのは、難しいですが、日本では、歴代でも、間違いなく指折りのストライカーです。世界からすれば、身体能力のみに偏り、かと言って周囲へ頼り過ぎずに彼のメンタリティ、身体能力を活かしたプレーが充分に生きれば、素質、決定力を考えても、世界でもトップレベルに食い込めるだけの能力はあると思います。オリヴェイラ監督。オリヴェイラ監督、愛弟子?興梠慎三を絶賛「7番目のFWとして出会い、能力に懸けて良かった」。 Goal。 最終更新 1年前 。 ほど美しい美女だらけ!世界トップ選手を支えるパートナーたち56枚 。 この試合で2ゴールを挙げ、勝利に導いた興梠は、オリヴェイラ監督がかつて鹿島時代に指導したストライカーだ。興梠について「愛着を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です