辺野古新基地建設に関する沖縄県民投票の結果を尊重することを求める沖縄県民投票この結果でも国は辺野古の基地を建設強行するの

辺野古新基地建設に関する沖縄県民投票の結果を尊重することを求める。沖縄県民投票、この結果でも国は辺野古の基地を建設強行するの?有権者数 1,153,591人投票率 52.48%開票 98%2月24日 23:26 更新賛成 110,061得票率18.7%反対 429,925得票率73.2%どちらでもない 47,592得票率8.1%●沖縄県民投票に認められるマスメディアの県民支配② 16:00藤原 かずえ■「民意」の数字の独り歩き特集のVTRが終わると、金平氏が地元のRBC琉球放送の記者にインタヴューしました。<★金平氏「県民投票の意義、何が問われていると思いますか」★RBC記者「今回は投票率だったり、どちらの選択肢が多数を占めるかが、県民の選択として注目されています」「しかし沖縄はこれまでにも国政選挙や県知事選挙で辺野古の賛否という民意は示してきているのですが、政府による工事は進められています」「日本の安全保障という本来であれば全国で議論されるべき問題がなぜ沖縄で今、住民投票という形で問われなければならないのか」「国民一人一人が問われているのではないでしょうか」>地方自治法に定められているように、地方公共団体は「住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担う」ものであり、「国際社会における国家としての存立にかかわる事務」である安全保障は国の専管事項です。実際、国民は生存のために安全保障行政を国に委ねていて、多くの国民は安全保障行政を委ねるのに最も相応しい政府を選挙で選択します。普天間飛行場の辺野古移転は長年にわたる民主主義の手続きによって決定された事項であり、これを住民投票の結果を根拠にして停止させたとしたら、それこそ民主主義の破壊に他なりません。なお、辺野古の飛行場はキャンプシュワブ内につくる施設であり、けっして新基地ではありません。飛行機の進入路が海上にあるため、普天間飛行場のように危険ではなく、完成すれば普天間飛行場が返還されます。辺野古移転は政府による沖縄の基地負担軽減政策に他なりません。さらに国は、沖縄県に対して通常の2倍規模の多額の国庫支出金を計上して可能な範囲で最大限寄り添っています。このような背景の中で、マスメディアは政府を一方的に悪魔化し、問題の本質を歪めているのです。金平氏は最後に感想を述べます。<★金平氏「VTRに出てきた元山仁士郎さん達若者世代が必死に動いて県民投票をとにかく実現させたということが大きいと思います」「日本の他の都道府県でこんなエネルギーがある所はないと思いますね」「元山さんの言葉を借りますと、どのような結果が出ようが県民の意思を示すこと自体が大事なんだと」「ここまで県民投票に至る過程で実はいくつもの問題点が出てきました」「マヨネーズ状と言われる軟弱地盤が工事海域にあることがわかって、工事計画全体のそもそものコンセプトを変えかねないという非常に重大なことです」「もう一つは海中に投入された土砂の成分が勝手に変更されていて赤土が混入しているのではないかと県が懸念を表明していることです」「これらの事柄は国?政府が県民に対してきちんと説明しているとは思えません」「政府がお決まりのように口にしている県民に寄り添うというのは一体どういうことなのでしょうか」「投票率も気にかかるところですけれども、それがどうであれ、示された民意を真摯に受け止めることが必要だと思います」>今回一人の青年を偶像化した金平氏ですが、金平氏は2015年の安保法案の時にも、SEALDsの青年を偶像化する戦略型フレーム報道を展開し、扇動を盛り上げた成功体験があります。一方で悪評の流布も忘れてはいません。軟弱地盤と赤土に関連して不確定な見通しをあたかも事実であるかのように報じています。そして金平氏の発言の最大の問題点は「投票率がどうであれ、示された民意を真摯に受け止めることが必要だ」という箇所です。反対者の反対者による反対者のための投票で反対者が多数を取ることは、事前に予想され、事実そうなりましたが、金平氏はそれを見越して、投票率はどうであれ結果に従うよう主張したものと考えられます。住民の意思を表明する目的の住民投票において、投票者に占める反対の割合71.74%に大きな意味はなく、有権者に占める反対の割合37.65%に意味があります。これは一般の国政選挙とは異なり、投票自体に反対の有権者や、反対を示さないことをもって反対ではないことを示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためです。ところが、投票日翌日のマスメディアはこの71.74%をあたかも沖縄県民の71.74%が反対であるかのように大合唱しているのです。これは、極めて不当な数字の独り歩きに他なりません。毎日新聞は社説で次のように書いています。<毎日新聞社説「辺野古」反対が多数 もはや埋め立てはやめよ辺野古埋め立てへの反対票が多数を占めた。政府はただちに埋め立てをやめ、沖縄県と真摯に解決策を話し合うべきだ>毎日新聞は「反対票が多数あった」ことを「反対票が多数を占めた」とミスリードし、「埋め立てはやめよ」と乱暴に主張しています。法的拘束力のない住民投票の結果に対して「盲目に従う」のではなく「慎重に向き合う」のが真の民主主義です。「7割の反対」を事実認定しようとする一部マスメディアの暴走は民主主義への明確な挑戦でありけっして容認することはできません。■マスメディアの沖縄県民支配マスメディアの情報操作下における直接民主制の主権は、沖縄県民にはなくマスメディアにあります。マスメディアは、この歪めた直接民主制で得た民意の数字をさらに独り歩きさせようとプロパガンダを必死に展開しています。新聞の発行部数が減少し、テレビの視聴率が低下する中、特殊なメディア環境下にある沖縄は、既存マスメディアによる偏向報道の最後の砦となる可能性があります。朝日新聞のプロパガンダは現在も続行中です。<朝日新聞社説政権と沖縄 これが民主主義の国かこの事態を招いたのは、沖縄の人びとの過重な基地負担の軽減に取り組むという原点を忘れ、「普天間か辺野古か」という二者択一を迫る政権のかたくなな姿勢にある>この事態を招いたのは、普天間から辺野古が基地負担の軽減になるという原点を忘れ、「辺野古中止」という一者択一を迫る偏向メディアと活動家のかたくなな姿勢にあります。この偏向マスメディアの一連の無意味な戦略型フレーム報道の被害を受けているのは沖縄県民に他なりません。マスメディアによって扇動された一部の沖縄県民は、「政府と本土は沖縄をバカにしている」「沖縄に新基地はいらない」という事実誤認の理解不能な根拠によって、普天間飛行場の危険性を早期に排除して基地面積の縮小を実現することができる辺野古への移転を反対しています。このプロパガンダには、いつかはバレる明らかな論理不全があります。後世において、普天間飛行場の辺野古移転反対は、国際線の成田移管反対や築地市場の豊洲移転反対とともに「理解不能の反対」の典型事例として語り継がれていくことになると考えます。なお、これらの事例の共通点として、「特定の政治的イデオロギーを持つ反対活動家の存在」と「偏向マスメディアの強力な支援」が挙げられます。この組み合わせが偶然なのか、偶然でないのかは、残念ながら私の知るところではありません。●午前、沖縄防衛局は埋め立てに使用する土砂の搬出作業を名護市安和の琉球セメント安和桟橋で継続した。当然だ。実際の「反対」の票は全有権者115万3589人の37.64%の43万4273人で過半数どころか4割にも満たず「反対が県民の多数意見」とは言い難く、そもそも県民投票には法的拘束力が無いのだから。1996年の県民投票投票率は59.53%48万2538人?得票率91.26%?全有権者の54.32%が基地の縮小に賛成2019年の県民投票投票率は52.48%43万4273人?得票率71.73%?全有権者の37.64%が埋め立てに反対県民の意思を表明する目的の県民投票において投票者に占める反対の割合71.73%に大きな意味はなく全有権者に占める反対の割合37.64%に意味がある。これは一般の国政選挙とは異なり「投票自体に反対」の有権者や「反対に投票しない」ことをもって「反対ではない」ことを意思表示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためだ。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来ればむしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

●沖縄県民投票に認められるマスメディアの県民支配① 16:00藤原 かずえ辺野古埋め立てを問う沖縄県民投票においては有権者の37.65%が埋め立て反対の意見を示しました。この結果に対し安倍首相は「結果を真摯に受け止めこれからも基地負担軽減に向けて全力で取り組む」という見解を示しました。これは国家のセキュリティに責任を持つ首相が法的拘束力のない意見表明に対して対応可能な範囲で最大限尊重する決意を示したものと考えます。今回の県民投票をとりまく議論においては民主主義を破壊しかねないいくつかの重大な問題点が存在し辺野古埋め立て反対の論調を持つ偏向マスメディアがそのキープレイヤーとなっています。明らかに偏向マスメディアは投票前においては情報操作で沖縄県の有権者をミスリードし投票後においては印象操作で国民全体をミスリードしています。本記事では、これらの問題点についてそれぞれ「直接民主制」「民意」というキーワードを使って分析してみたいと思います。■情報操作下における「直接民主制」、TBSテレビ『報道特集』では翌日に行われる沖縄県民投票に関連した特集報道を放映しました。<★金平茂紀氏「普天間基地の移設先として政府が埋め立て工事を強行している名護市辺野古の海兵隊基地」「沖縄県民が何度も示し続けてきた民意がこれほど無視され続けた例は戦後の歴史に他にあるでしょうか」「県民投票という行動を思い立った一人の青年の思いを追いながら問われているものの重みを考えたいと思います」>民主主義の手続きに従って埋め立て工事を進める政府を悪魔化する一方で工事に反対する青年を偶像化する金平氏の恣意的なイントロダクションからもわかるように、この番組は、住民投票を行う有権者のルサンチマン[記事]を一方的に刺激して「反対」の投票行動を内発的動機付けする内容になっていたと言えます。一方で番組は、沖縄基地が必要となる直接原因である覇権国家中国の日本に対する敵対行動の実際については一切報じることがありませんでした。そんな中で興味深かったのは基地移転の当事者の次のような発言です。<★辺野古商工会理事「県民投票はやらない方がいいというのが本音ですね」「おそらく大差で反対意見は出ると思います」「無意識の意識というか、賛成すると、県民は後ろ指を指されるような思いになる感情を持っているかもしれません」>辺野古基地の受入れを容認している「直接の当事者」である辺野古商工会理事が「後ろ指を指される思いがあるのでは」と「直接の当事者」ではない県民の気持ちを善意で思いやっている状況は極めて異常であると言えます。そこには、本来の当事者の意見など介在する余地のない極めて身勝手な反対運動と賛成者を黙らせる沈黙の螺旋[記事]が存在していることがわかります。<★普天間飛行場付近の住民「自分の家の側にあるのがダメなら他所のところに行くのも向こうに住む人は嫌だろう」>これも「直接の当事者」である普天間飛行場周辺住民が、「直接の当事者」となる辺野古区住民を善意で思いやっている発言です。辺野古基地においては、実際には飛行機の進入経路が海上となるため、危険性という観点においては辺野古区住民の安全性にほとんど影響を与えることはありません。このような誤解もメディアが辺野古の状況を適正に報じないことに起因するものです。以上のように「直接の当事者」である辺野古区住民ならびに普天間飛行場周辺住民の意見が不在のままに、「直接の当事者」ではない沖縄県民が、偏向マスメディアにルサンチマンを刺激されて操られたということが今回の住民投票の結果の背景にあるのは自明です。ちなみに大票田の那覇市から辺野古基地までは直線距離で約50kmもあります。多くの那覇市民は「我々は政府にバカにされている」と辺野古基地の存在を反対していますが、これは首都圏で言えば、横田基地にの存在について、浦安市や横須賀市や春日部市の住民が「我々は政府にバカにされている」と憤慨し反対しているようなものなのです。そのような実状も十分に承知しているはずの金平氏の偏向リポートが続きます。<★金平氏「ここに建設反対派のノボリが立っていますけども、建設賛成派のノボリなんていうのはまったく見当たらないです」>金平氏はついつい本心が出てしまうようで、反対派のノボリは「ノボリ」、賛成派のノボリは「ノボリなんていうの」と表現しています笑。そして待ってましたかのようにVTRの最後には、玉城デニー県知事が登場し、その政治的主張をしっかりと宣伝しました。<★デニー沖縄県知事「”民主主義の根幹””尊厳”が問われている県民投票だと私は思っています」「どのような結果であれ、この沖縄県民が県民投票にかける思い、願い、その重みというものは、国際社会はしっかりと見ていると思う」「もう国がやると決めたことは、もう地方自治では反論することはできないのか、そこに生きる国民は何も言うことができないのかということに”一つの形”を示そうとしている」「日本国民、どこにお住まいであっても、この沖縄の状況をしっかり受け止めていただきたい」>確かに、今回の沖縄県民投票では「民主主義の根幹」「尊厳」が問われていました。ただし、それは、マスメディアが主張するような「虐げられた沖縄県民が自由に意思表明できるか」ではなく、「マスメディアが一方的な偏向報道を行う環境下で直接民主制が機能するか」ということです。現在の世界の民主国の政治形態のメインストリームは、政治のプロフェッショナルである政治家に政策の決定を委ねる間接民主制です。それに対して今回の住民投票のような直接民主制は有権者が直接政策決定を行うものです。ここで、直接民主制にとって重要なことは、政策決定者である有権者が、自分が真に望む政策決定を判断できるだけの正しい情報を事前に得ていることです。ところが沖縄の場合、これが極めて難しいのです。沖縄で新聞のシェアをほぼ独占する沖縄タイムスと琉球新報は、いずれもかなり偏向した論調を持つ新聞社であり、その論調に合致する情報のみを伝えて合致しない情報を葬り去るというあからさまなチェリー?ピッキングを行っています。例えば沖縄タイムスは、1日に複数回にわたり辺野古の活動家の情報を美談仕立てで報じる一方で、尖閣諸島周辺海域における中国船の侵入については1カ月に1回事務的に報じるのがいいところです。また、基地反対活動家の極めて悪質な挑発行為?暴力行為?違法行為については、あからさまに見て見ぬふりをします。実際、記者による「見て見ぬふりの行動」は、動画投稿サイトにアップロードされたいくつかの動画によって検証されています。このような異常な偏向マスメディアの情報操作を受けた一部の沖縄県民が盲目的に反対側に賛同することは自然です。前出の辺野古住民の言葉から明らかなように、一部の沖縄県民は、自覚しないままに偏向マスメディアに思想を支配され、その思想に反する行動を自由に行えない状態にまで陥っています。辺野古埋め立て反対の37.65%の数字の中には、このような有権者が多数含まれていることは自明です。偏向マスメディアが情報を支配する沖縄県において、政治の専門家ではない有権者が適正な情報を得ないままに直接民主制である住民投票が今回行われたということは、民主主義の危機に他なりません。まさにマスメディアが有権者から主権を奪っているのです。●午前、沖縄防衛局は埋め立てに使用する土砂の搬出作業を名護市安和の琉球セメント安和桟橋で継続した。当然だ。実際の「反対」の票は全有権者115万3589人の37.64%の43万4273人で過半数どころか4割にも満たず「反対が県民の多数意見」とは言い難く、そもそも県民投票には法的拘束力が無いのだから。1996年の県民投票投票率は59.53%48万2538人?得票率91.26%?全有権者の54.32%が基地の縮小に賛成2019年の県民投票投票率は52.48%43万4273人?得票率71.73%?全有権者の37.64%が埋め立てに反対県民の意思を表明する目的の県民投票において投票者に占める反対の割合71.73%に大きな意味はなく全有権者に占める反対の割合37.64%に意味がある。これは一般の国政選挙とは異なり「投票自体に反対」の有権者や「反対に投票しない」ことをもって「反対ではない」ことを意思表示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためだ。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来ればむしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

●午前、沖縄防衛局は埋め立てに使用する土砂の搬出作業を名護市安和の琉球セメント安和桟橋で継続した。当然だ。実際の「反対」の票は有権者総数115万3589人の37.64%の43万4273人で、過半数どころか4割にも満たず、「反対が県民の総意」とは言い難く、そもそも県民投票には法的拘束力が無いのだから。1996年の県民投票投票率は59.53%48万2538人?得票率91.26%?有権者総数の54.32%が基地の縮小に賛成2019年の県民投票投票率は52.48%43万4273人?得票率71.73%?有権者総数の37.64%が埋め立てに反対今回の有権者総数に占める反対率、投票率、反対の得票率?投票数の結果から「埋め立てに対する県民意識はそんなものだったのか」「6割以上が明確に「反対」の意思を示さなかった」ということだろう。●沖縄県民投票 「反対」が有権者の4分の1超 1時05分 NHK沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は24日に投票が行われ、「反対」の票が多数となり、条例で、知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超えました。これを受け、沖縄県の玉城知事は日米両政府に移設計画を断念するよう働きかけを強める方針ですが、県民投票の結果に法的な拘束力はなく、政府は引き続き移設工事を進める方針です。普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は、開票が終了しました。▽「反対」43万4273票▽「賛成」11万4933票▽「どちらでもない」5万2682票「反対」の票が有権者のおよそ38%を占めて多数となり、条例で知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカ大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超えました。また、投票率は52.48%でした。これを受けて、名護市辺野古への移設阻止を掲げる沖縄県の玉城知事は埋め立てに反対する県民の意思が明確に示されたとして、日米両政府に移設計画を断念するよう働きかけを強めるとともに、移設阻止に向けてあらゆる手段を講じていく方針です。ただ県民投票の結果に法的な拘束力はなく、政府は普天間基地の早期返還を実現するために、引き続き移設工事を進める方針で、政府と沖縄県の対立が一層深まることも予想されます。今回の県民投票で「反対」への投票を呼びかけた「県民投票連絡会」の共同代表の呉屋守將さんは「反対」の票が有権者の4分の1を超えたことについて「普天間基地の返還合意から23年という長い月日を、県民は本土の皆さんとともによくここまで闘ってきたと思う」「基地の押しつけによって長年分断されてきたことに終止符を打ちたいという県民の意思の表れで、安倍政権には一日も早く埋め立て工事をやめていただきたい」と話しています。県民投票の実施を求めて署名活動を行った「辺野古県民投票の会」の元山仁士郎代表は「結果を素直に喜びたい」「今回の県民投票で『初めて基地について話した』、『投票所に足を運んだ』という話を聞いた」「沖縄の民主主義が大きく発展する一歩になったと思う」と話していました。●玉城知事、反対72%も笑顔なく のぞく政治的計算2019.2.25 01:51 産経新聞「安全保障の負担は全国民で担うものと考える」「国民的議論の喚起に向けて働きかけてまいりたい」25日未明、沖縄県庁に集まった報道陣の前に姿を現した玉城デニー知事に笑顔はほとんどなかった。24日に投開票された米軍普天間飛行場宜野湾市の名護市辺野古移設を問う県民投票では、「反対」が全有権者の4分の1を超え、有効投票の72%に達したことから、最低限の目標はクリアした。だが、辺野古移設阻止を目指す玉城氏に立ちはだかる壁は高い。県民投票に法的拘束力はなく、政府はこのまま辺野古移設を進める構えを崩していない。県民投票が始まる前から、共産党や社民党などでつくる「オール沖縄」内には「県民投票で辺野古を止めることは難しい」県議との声も漏れていた。しかも、「反対」は全有権者の過半数どころか、4割にも満たなかった。オール沖縄が目指した「反辺野古移設の圧倒的な民意」が得られたとは言い難い。平成8年に行われた県民投票では、米軍基地の整理?縮小を支持する投票が有権者の50%以上となっただけに、今回の結果が見劣りする感は否めない。オール沖縄は勝利ムードを演出するのに躍起となった。那覇市内の事務所に詰めかけた共産党の赤嶺政賢衆院議員は「立派な勝利だ」と述べ、無所属の糸数慶子参院議員は「歴史的圧勝だ」と強調した。もっとも、オール沖縄が県民投票の運動に力を入れた背景には衆院沖縄3区補欠選挙4月21日投開票や夏の参院選をにらんだ計算ものぞく。オール沖縄幹部は「今回の県民投票を野党共闘のモデルとして全国的に波及させて、参院選の野党勝利につなげてほしい」と意気込む。県民投票条例は知事が広報、情報提供を「中立的かつ客観的に行う」と定めており、玉城氏は運動の中心ではなかった。しかし、県民投票が告示された翌日の15日、自身の後継として3区補選に出馬する候補の事務所開きではこう述べ、選挙に向けた思惑を隠さなかった。「県民投票を成功させてやるぞという思いを4月21日の選挙まで一日も欠かすことなく後継候補の名前を広げていくためにお力添えをいただきたい!」●主張沖縄県民投票 国は移設を粘り強く説け2019.2.25 05:00 産経新聞米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の辺野古移設を問う県民投票は、辺野古沿岸部埋め立てに「反対」が過半数を占めた。県や野党などは、辺野古移設の断念をこれまで以上に強く政府に要求するだろう。だが、移設を進めることができなければ、市街地に囲まれた普天間飛行場の危険性を取り除くことはできない。中国などの脅威から日本を守る、抑止力を保つことにも反する。沖縄県民を含む国民の安全を損なうことにつながる。投票結果は極めて残念である。政府はていねいに移設の必要性を説き速やかに移設を進める必要がある。県民投票条例の規定に基づき玉城デニー知事は投票結果を安倍晋三首相とトランプ米大統領に通知する。ただ県民投票に法的拘束力はない。辺野古移設に代わるアイデアもない。日米両政府に伝えても現実的な検討対象にはなるまい。人口密集地である普天間から人口が大幅に少ない辺野古へ飛行場の機能を移し普天間飛行場返還を実現する。この政府方針のほうが理にかなっている。移設推進を堅持しなければならない。知事はこれ以上移設工事を妨げたり不毛な訴訟合戦に入ったりすべきではない。普天間飛行場周辺の県民の安全確保と国民を守る安全保障政策を尊重し移設容認に転じるべきである。投票結果についていろいろな分析が行われるだろうが今回の県民投票はその内容にかかわらず民主主義をはき違えたものであるというほかない。国政選挙などの民主的な手続きでつくられた内閣政府にとって国の平和と国民の安全を守ることは最大の責務だ。外交?安全保障政策は政府の専管事項であり米軍基地をどこに設けるかは政府以外には決められない。移設は県民の問題であるのと同時に県民を含む国民全体の問題だ。県民の「直接の民意」だけで左右することはできない。与党の自民、公明両党は県民投票への「自主投票」を決め辺野古移設の大切さを十分に説かなかった。腰の引けた対応では移設の必要性が伝わらない。政府?与党は辺野古移設を着実に進めるとともに日本の安全にとって移設が重要であることを、県民に粘り強く説く責任がある。●沖縄県民投票は「世紀の愚策」だHanada2019年3月号 篠原章県民投票条例第9条には「賛否いずれか過半数の結果が、投票資格者総数の4分の1以上に達した時は、知事はその結果を直ちに告示するとともに、これを尊重しなければならない」と定められているが投票資格者総数の4分の1とは29万票である有権者総数は約116万人。知事選で39万票を得た玉城知事でなら容易に達成できそうな数値で投票率が25%を超え投票者全員が「反対」の意思表明をすれば告示されることになるが40万票程度では「県民の総意」と見なしにくい。有権者の50%約58万票が「埋め立て反対」の意思を表明するかが分水嶺だ。大田昌秀知事の下で行われた「日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小に関する県民投票」での投票率は59.53%でうち91.26%、48万2538人が「基地の整理縮小に賛成」を投じた。これは当時の有権者総数54.32%に相当する。有権者の過半が基地の整理縮小に賛成したことになる。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来れば、むしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

回答ありがとうございます!県民投票の結果を反映するために。沖縄県民投票の設問は「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための 。 投票総数60万5385票のうち、反対が43万4273票 71。74%、賛成が11万4933票18。99%、どちらでもないが5 。 この結果は、県民投票条例第10条に規定されている「4分の1の壁」を超えられた点で、まずは成功と言える 主権が国民に存する」この国で、こんなことがあり得るのだろうか。

沖縄県民だけでなく、日本人の民意↓沖縄県民投票の結果を受けて。 安倍内閣は結果を尊重すべきかどうか。◎そう思う62%▲そう思わない「19%」 辺野古の基地建設工事を進めることについて。▲良いと思う「29%」◎良いと思わない48% 毎月勤労統計調査が不正は方法で行われた。 安倍内閣の対応について。▲評価する「8%」◎評価しない73% 全国18歳以上の男女対象の世論調査。

有権者数 1,153,591人投票率 52.48%開票 98%2月24日 23:26 更新賛成110,061得票率18.7%反対429,925得票率73.2%どちらでもない47,592得票率8.1%というのがどこの情報か分からないが仮にこれが合っているとして、●の投票資格者の見込み数は115万3589人で、有権者の過半数約57万8千票が「反対」の意思表示をしなければ「反対が県民の総意」とは言い難い。1996年の県民投票投票率は59.53%得票率91.26%、48万2538人が基地の縮小に賛成2019年の県民投票投票率は52.48%得票率73.2%、42万9925人が埋め立て反対この県民投票投票率、反対の得票率?投票数の結果から「埋め立てに対する県民意識はそんなものだったのか」と言うことだろう。●県民投票の投票率は52?48% 有権者の半数以上が意思示す 23:15 県民投票 投票率 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地建設埋め立ての賛否を問う県民投票の投票は24日午後8時に締め切られ、最終の投票率は15~23日までの9日間行われた期日前投票分も含め52?48%となった。60万5394人男性28万1203人、女性32万4191人が投票した。県内外で注目を集めた投票率だが有権者の半数以上が賛否などの意思を示した。投票率は自民や公明、維新が自主投票で静観する中、伸び悩みを指摘する見方もあったが、最終的に5割を超えた。「辺野古」県民投票の会代表である元山仁士郎さんを中心に、10~20代の若者が主体的に動き、意義を訴えたことに共感が広がった。当日投票資格者数は115万3591人男性56万2038人、女性59万1553人。投票は繰り上げ投票をした竹富町を除く全40市町村の投票所で一斉に行われた。15~23日までの9日間に期日前投票を済ませた人は23万7450人だった。投票は一部地域を除いて24日午前7時から午後8時まで行われた。琉球新報電子版●沖縄県民投票は「世紀の愚策」だHanada2019年3月号 篠原章■問題となる投票率県民投票のもう1つの問題は、投票率の高低だ。県民投票条例第9条には、「賛否いずれか過半数の結果が、投票資格者総数の4分の1以上に達した時は、知事はその結果を直ちに告示するとともに、これを尊重しなければならない」と定められているが、投票資格者総数の4分の1とは29万票である有権者総数は約116万人。知事選で39万票を得た玉城知事でなら容易に達成できそうな数値で、投票率が25%を超え、投票者全員が「反対」の意思表明をすれば告示されることになるが、40万票程度では「県民の総意」と見なしにくい。有権者の50%約58万票が「埋め立て反対」の意思を表明するかが分水嶺だ。、大田昌秀知事の下で行われた「日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小に関する県民投票」での投票率は59.53%で、うち91.26%、48万2538人が「基地の整理縮小に賛成」を投じた。これは当時の有権者総数54.32%に相当する。有権者の過半が基地の整理縮小に賛成したことになる。●沖縄県民投票「反対」有権者の4分の1超 確実 22時28分沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は24日に投票が行われ、「反対」の票が多数となり、条例で、知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超えることが確実になりました。●沖縄県民投票「反対」多数確実 有権者の4分の1を超える勢い 21時36分沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は24日に投票が行われ、「反対」の票が多数となることが確実となりました。「反対」の票は条例で、知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超える勢いとなっています。NHKが開票所で行っている取材や、投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などでは、「反対」が、「賛成」や「どちらでもない」を大きく上回っていて、今後、順調に票を伸ばすと見込まれることから、「反対」の票が多数となることが確実となりました。また「反対」の票は条例で、知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1の、およそ28万8000票を超える勢いとなっています。「反対」の票が有権者の4分の1に達すれば、沖縄県は「反対」の民意が明確に示されたとして、日米両政府に移設計画を断念するよう働きかけを強める見通しです。ただ、県民投票の結果に法的な拘束力はなく、政府は普天間基地の早期返還を実現するために、引き続き移設工事を進める方針で、今後の推移が注目されます。●沖縄県での「辺野古移設問題米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」がに実施される。最初は「賛成」「反対」の2択だったが、「どちらでもない」が加わって3択になった。そして、得票の多いものが有権者の4分の1に達すれば、知事はその結果を尊重して、首相と米国大統領に通知すると定められている。これは知事の権限とリンクしていないので、結果につながらないことが問題だ。加えて、県民の意向意識調査としてもおかしい。正しい選択肢は、米軍普天間飛行場を、①辺野古移転②普天間残留③県外希望だが、話がつくまでは普天間残留の3択だろう。●設問は、「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋め立て」について、「賛成」「反対」「どちらでもない」の意思を表明する形式である。事務拒否する理由に「事前協議がない」というのがあったが、3択に改正する前に、事前協議が必要でないのか?「『反対』は『普天間固定』に繋がる」という説明がないことへの不満は、どうするの?知事の中立性は?普天間の3機能の内2機能を減らして1機能だけ移す「移設」を、270mの艦が着ける新機能が加わった政府は否定しているから「新基地建設」という共産党の主張そのままの県の中立性は?県民投票の不備は、何も解決されていない。 ●県民投票は法的拘束力なし。「民意の集約」というより、「民意の誘導」を目的とする県民投票と言っていいだろう。投票様式は、本質的な問題をなおざりにするだけでなく、宜野湾市など一部地域の抱える問題を放置し、曖昧模糊とした県民?国民「感情」や国際世論に訴えるためだけに設定された「反対派」の情報工作活動の一環であることに間違いはない。辺野古移設を問う県民投票も、基地反対派が繰り出した新手の抵抗手段だ。県民投票に反対する宜野湾市議会の意見書は、県議会が可決した県民投票条例について「普天間飛行場の原点である危険性の除去については全く明記されておらず、普天間飛行場の危険性や騒音に苦しんでいる宜野湾市民が置き去りにされている」と指摘。改めて普天間飛行場の早期返還を要求した。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。沖縄県は20年近くも不当に辺野古移設を妨害し続けている。今後は知事権限を国に移す特別措置法を制定すべきだ。加えて翁長県政時代に約570億円減額された一括交付金などの沖縄振興予算をさらに削るべきだ。●米軍基地は、現状日本全体の利益を守ると同時に、沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって、今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば、沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも、世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから、中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来れば、むしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。

第22回。結果を尊重」する義務が生じる「投票資格者総数の。 4分の1」を 。 *1:「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票を実現するため,沖縄の学生,若者,弁護士,司法書士,経営者,戦争体験者,働くパパや 。 *3:宜野湾市:投票率51。81 %,「反対」66。8%,「賛成」24。4%,「どちらでもない」8。8%|名護市:投票率50。48%, 「反対」73。0%,「賛成」18。0%, 。 ひいては「この国に住む全ての人たちに民主主義の。

「民意」で抗戦。政府は計画通りに移設を推進する方針だが、投票結果を受けて沖縄の反発が強まるのは必至で、4月 24日に投開票された米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票は、反対が圧倒的な多数を占める結果となった 長年、分断と対立をさせられてきた県民が『もう終止符を打つんだ』という気持ちで、 この結果になった 省幹部は「県民投票の結果が司法判断に影響するのでは」と不安視する。4月の衆院沖縄3区補選、夏の参院選沖縄選挙区でも自公両。

辺野古新基地建設に関する沖縄県民投票の結果を尊重することを求める。この投票における投票率は52。48%であり,有効投票数60万1888票のうち7割を超える43万4273票が「反対」の意思を表明した これらの結果からは,現時点において, 沖縄県民の多数が,辺野古新基地の建設に反対していることが明確になったといえる から沖縄県に海兵隊等が移転したことによって,沖縄県の負担のもとに本土の基地負担が軽減されてきたという歴史的経緯もある このシンポジウムでも報告されたとおり,辺野古新基地建設の是非を問う県民投票は,意見対立を乗り越えて最終的に沖縄県民。

いや、強行もなにも当たり前でしょ???意味のない県民投票で、違法な結果が出たからといってその結果に従ったらそれ、法治国家じゃありませんから。寧ろ、最高裁の判決さえ無視して県民投票を強行した沖縄県の異常さに呆れ返ります。「沖縄県民投票。今回の県民投票は、普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立て工事の賛否を、賛成、反対、どちらでもないの3つの中から選ぶというものです 有権者の4 分の1に達した場合は、知事はその結果を尊重し、総理大臣とアメリカ大統領に結果を通知することになっています 防衛省が今になって地盤の改良工事の必要性を認めたことに、沖縄では国はこのことを知りながら土砂の投入を進め、 。 30年前の今日、米ソが和解に踏み出し、世界は国際協調のもと、核廃絶の理想を模索した。

沖縄県民投票の結果は安倍政権より本土の日本国民に向けられている。24日に沖縄で行われた辺野古新基地建設を巡る県民投票は、有権者の過半数が投票に参加し、「辺野古埋め立てに反対」が 。 投票結果は聞く耳を持たぬ安倍政権より、 本土の日本国民に向けられているのではないかとフーテンは思った それが日本を工業国にして経済成長の基礎を作るのだが、日本製武器弾薬の性能を検査するため試射場が必要となり、 。 その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す デモの最後に警官隊とデモ隊が衝突すれば普通のテレビは衝突シーンだけを放送する。

投票に行かない人は「結果に文句を言いません。結果を認めます。結果に従います。」と言う「意思表示」です。棄権した人も民意は「0」です。分母にも含まれません。この大原則は、どの選挙でも、どの投票でも、同じです。投票率が低く、反対は、全有権者の中では38%ですと言うネトウヨがいますね。それは、ネトウヨの小学生並の「負け惜しみ」です。投票率52%でも、十分民意を反映していると完全に言えます。そこにケチをつけるネトウヨは民主主義を分かってない無知です。まあ、無知だからネトウヨになるのでしょうけど。 投票を棄権した人は、「投票に行った人の結果に従う」というのが法的な評価です。つまり、投票に行ってない人の民意は、「投票結果に無条件で従います」と言うことです。ですから投票率に関係なく、最終的に「沖縄の民意は72%が反対」と確定です。そもそも、投票に行かなかった人たちの意思を確認する方法が有るでしょうか?また、確認する意味が有るでしょうか?投票に行かない残りの人たちは、そもそも自分の意思表示を放棄している時点で、「考慮しなくても良い」というのは選挙の「大原則」です。国政の選挙でも、投票しない人の意思を考慮するでしょうか? 投票して意思表示した人の中からだけで、当否を決めますよね。 例えば、憲法改正の国民投票だって過半数が必要ですが。この過半数は、日本全体の有権者数の過半数じゃないですよ。あくまで、「投票に行った人の中での過半数」ですよ。 投票率が1%だって関係ないです。その中で過半数とれば、憲法改正です。それが民意じゃないとか言い出したら。「いったい何%なら民意と呼んで良いの?」って話になります。ネトウヨののような屁理屈を言い出せば、 究極的には、有権者が全員投票した「100%の投票率じゃなければ、民意と言えない」って言い出せてしまいます。 「投票率が100%じゃなければ、民意でない」と言うのなら。一生、日本では民意を表明する事はできませんね。それはおかしな話ですね。 民主主義では、参加しない人の民意は「0」と同じです。 分母にも入れる必要性はありません。それが、選挙や投票の大原則です。

結局のところ無駄な抵抗です。辺野古がダメなら普天間をどうするのか反対派は答えていない。大体が玉城デニーが基地があると逆に中国に狙われるなんて寝ぼけたことを平然と言っているから信用できない。万が一中国に征服されたら自分はアメリカ籍に戻ればいいとでも思っているいるのだろう。●「63対37」沖縄投票の読み方米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の移設計画をめぐる県民投票が、投開票され、名護市辺野古への移設に「反対」が43万票と有効投票の72%を超えた。この結果をどう見るか。移設反対派は「県民の意思が示された」と声高に主張している。だが、そもそも国の安全保障問題は県民投票になじまない。結果は大方の予想通りだった。反対派は懸命に投票キャンペーンを展開したが、政権与党の自民、公明両党は自主投票で臨んだ。そうであれば、投票率が52%強にとどまり、反対票が多くなったのも当然だろう。沖縄県の玉城デニー知事はこの結果を、安倍晋三首相とドナルド?トランプ米大統領に通知する。だが、投票結果に法的拘束力はない。政府は計画を予定通り進める考えだ。県民はそんな事情を分かっているからこそ、棄権が多くなったのではないか。沖縄の基地問題は日本の安全保障に直結している。日本を取り巻く環境は中国、北朝鮮に加えて、韓国も事実上「敵性国家」に変質し、大激動の最中にある。そんな中で、日本がどのようにして「万が一の事態」に備えるのか。いざ有事となれば、沖縄だけでなく日本全体の平和と安全、繁栄が脅かされる。沖縄県?尖閣諸島の問題1つとっても、日本だけでは対処が難しいからこそ、我が国は米国と安全保障条約を結んで、守りを固めている。沖縄の米軍基地は日本防衛の最前線に位置している。そうであればこそ、米軍基地は「県民の意思」に委ねる問題ではなく、日本の国と国民全体が考え、選択する問題であるのは自明だ。そんな理解は、実は沖縄の人々にも共有されつつあるのではないか。というのは、反対を表明した43万人余は投票有資格者全体でみれば、37%強に過ぎない。残りの63%弱は「棄権」「賛成」「どちらでもない」だったのだ。むしろ、そちらの数字に注目する。つまり、沖縄県民の多くは「国が決めた話に、県民が反対しても仕方がない」と割り切っていた可能性がある。もしも反対だったなら、県民投票を絶好の機会とみて投票したに違いないからだ。折から、米中貿易戦争と朝鮮半島情勢は新たな展開を迎えている。韓国の文在寅政権は、自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件以来、日本敵視の姿勢をはっきりさせてきた。「核付き南北統一」を夢見て、反日気分を高揚させているに違いない。日本を守る要石として、沖縄の重要性はますます高まっている。●日本の安全保障を弄んだのは誰だ!ちなみに投票に行かない事は多数意見への白紙委任だと主張する人がいるが、それは国政選挙など法的拘束力のある投票の場合だ。今回の投票には拘束力はなく、あくまで世論の傾向を知事や議会が把握するためのものなのだ。だから投票に行かなかった人を含め62%が積極的に反対していないのに、沖縄の民意は辺野古反対だ、と決めつける理由がわからない。ちなみに旧民主党政権の人たち連立を組んでいた社民、自由も含むが、この間違った前提をもとにだから辺野古はやめろと言っているがいい加減にしてもらいたい。あなた方が県外だ、国外だ、腹案がある、ごめんやっぱり辺野古だ、などと無責任に日本の安全保障を弄んだことを国民が忘れたとでも思っているのか。我々はあの「悪夢」をまた見たくないのだ。 ●沖縄県民投票に認められるマスメディアの県民支配 16:00確かに、今回の沖縄県民投票では「民主主義の根幹」「尊厳」が問われていました。ただし、それは、マスメディアが主張するような「虐げられた沖縄県民が自由に意思表明できるか」ではなく、「マスメディアが一方的な偏向報道を行う環境下で直接民主制が機能するか」ということです。現在の世界の民主国の政治形態のメインストリームは、政治のプロフェッショナルである政治家に政策の決定を委ねる間接民主制です。それに対して今回の住民投票のような直接民主制は有権者が直接政策決定を行うものです。ここで、直接民主制にとって重要なことは、政策決定者である有権者が、自分が真に望む政策決定を判断できるだけの正しい情報を事前に得ていることです。ところが沖縄の場合、これが極めて難しいのです。沖縄で新聞のシェアをほぼ独占する沖縄タイムスと琉球新報は、いずれもかなり偏向した論調を持つ新聞社であり、その論調に合致する情報のみを伝えて合致しない情報を葬り去るというあからさまなチェリー?ピッキングを行っています。例えば沖縄タイムスは、1日に複数回にわたり辺野古の活動家の情報を美談仕立てで報じる一方で、尖閣諸島周辺海域における中国船の侵入については1カ月に1回事務的に報じるのがいいところです。また、基地反対活動家の極めて悪質な挑発行為?暴力行為?違法行為については、あからさまに見て見ぬふりをします。実際、記者による「見て見ぬふりの行動」は、動画投稿サイトにアップロードされたいくつかの動画によって検証されています。このような異常な偏向マスメディアの情報操作を受けた一部の沖縄県民が盲目的に反対側に賛同することは自然です。前出の辺野古住民の言葉から明らかなように、一部の沖縄県民は、自覚しないままに偏向マスメディアに思想を支配され、その思想に反する行動を自由に行えない状態にまで陥っています。辺野古埋め立て反対の37.65%の数字の中には、このような有権者が多数含まれていることは自明です。偏向マスメディアが情報を支配する沖縄県において、政治の専門家ではない有権者が適正な情報を得ないままに直接民主制である住民投票が今回行われたということは、民主主義の危機に他なりません。まさにマスメディアが有権者から主権を奪っているのです。住民の意思を表明する目的の住民投票において、投票者に占める反対の割合71.74%に大きな意味はなく、有権者に占める反対の割合37.65%に意味があります。これは一般の国政選挙とは異なり、投票自体に反対の有権者や、反対を示さないことをもって反対ではないことを示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためです。ところが、投票日翌日のマスメディアはこの71.74%をあたかも沖縄県民の71.74%が反対であるかのように大合唱しているのです。これは、極めて不当な数字の独り歩きに他なりません。<★金平氏「マヨネーズ状と言われる軟弱地盤が工事海域にあることがわかって、工事計画全体のそもそものコンセプトを変えかねないという非常に重大なことです」「もう一つは海中に投入された土砂の成分が勝手に変更されていて赤土が混入しているのではないかと県が懸念を表明していることです」「これらの事柄は国?政府が県民に対してきちんと説明しているとは思えません」>軟弱地盤と赤土に関連して不確定な見通しをあたかも事実であるかのように報じています。●辺野古の軟弱地盤 防衛相「深さ70m超は非常に固い粘土層」 18時45分基地問題 NHKアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、岩屋防衛大臣は衆議院予算委員会で、埋め立て区域の軟弱地盤が最大で深さ90メートルまで存在するものの、70メートルを超える部分は非常に固い粘土層に分類される強度があり、くいを打ち込む工事を水面下70メートルまで行えば地盤の安定性が十分に確保できるという考えを示しました。アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向けて、埋め立て工事が進む中、埋め立て区域全体の4割余りで軟弱な地盤が見つかり、防衛省は地盤を強固にするため、およそ7万7000本のくいを打ち込む改良工事が必要だという検討結果をまとめています。これについて岩屋防衛大臣は衆議院予算委員会で、くいを打ち込み地盤を改良する工事について、「水面下70メートルの施工ができる船は3隻あるが、その70メートルまで施工する必要がある場所は全体のうちの数%程度だ」「全体の約7割は水面下40メートル未満の地盤改良工事によって所要の安定性が確保できる」と述べました。そのうえで岩屋大臣は軟弱地盤の深さが最大で90メートルある場所が一部に存在することを認めたうえで、「水面下70メートルを超える深度では非常に固い粘土層に分類される強度を有していることから、十分に安定性を確保できていると確認をしている」と述べ、くいを打ち込む工事を水面下70メートルまで行えば地盤の安定性が十分に確保できるという考えを示しました。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来ればむしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

●ノーカット配信沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!ザ?ファクト 視聴回数 799,087 回現在 に公開映像中のピンクの鉢巻きをしている人物、沖縄高江のヘリパッド移設反対派のリーダー?山城博治氏が器物損壊に続き、傷害と公務執行妨害の容疑で再逮捕されました。番組では、8月5日に、高江の抗議活動を取材。その際、山城氏を中心とする反対派によって行われた、沖縄防衛局職員への恫喝行為を撮影してきました。今回、その映像をノーカットでお送りします。いま、高江の警備にあたる大阪府警の機動隊員が反対派に対し、「土人」「シナ人」と発言し、地元マスコミを中心に、ヒートアップしています。しかし、大阪府の松井知事が言うように、彼ら反対派もそれ以上のことをしています。いま話題となっている、「土人」「シナ人」発言は、無辜の市民に向けられたものではないということをこの映像を通して知っていただければ幸いです。●最新版再び潜入!沖縄ヘリパッド反対派がまた…!ザ?ファクト 「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組 チャンネル登録48,018 視聴回数 146,212 回現在 に公開8月5日 沖縄?高江にいるヘリパッド移設反対派が沖縄防衛局の職員に対し、過激な抵抗運動をしていた動画を撮影した。あれから3か月近くがたち、現在高江ヘリパッド建設地がどうなっているのか取材した。高江へリパッド建設予定地は今どうなっているのか―。そして、そこにいる反対派集団は何をしているのか―。これが高江の「ザ?ファクト」です。●写真、動画あり。防衛局?資料違法かつ悪質な妨害活動の例。新聞の歪んだ記事の紹介やりすぎ!と思ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です