雇入時健康診断の結果を理由にして不採用?内定取り消しはできない?内定先の会社から雇い入れ時健康診断を受けるよう言われたのです

雇入時健康診断の結果を理由にして不採用?内定取り消しはできない。内定先の会社から雇い入れ時健康診断を受けるよう言われたのですが、何の項目を受けたらいいか、言われていません。こういう場合って、何の項目を受ければ良いんでしょうか?視力、聴力、身長体重、検尿、胸部x線で大丈夫でしょうか?大学の健康診断もこの項目検尿は4年生のみでした。採血は必要でしょうか?内定先は番組制作会社です。

転職時には健康診断書が必要。最終選考まで進んだ段階、あるいは内定後に、健康診断書の提出を求められることがあります 労働者に対して医師による健康診断を実施し、労働者は事業者が行う健康 診断を受けなければならない」といった内容が定め 。 雇い入れ時の健康診断について、 「労働安全衛生規則第43条」によると、「事業者は、常時使用する労働者を雇い 。 提出を求める理由は、企業が採用者の健康状態を把握し、管理する義務があるから です 内定後や入社後に、会社負担として返金?支給されることもあります。

雇い入れ時健康診断は入社前。 中には、雇い入れ時健康診断の受診を拒否する労働者がいるかもしれませんが、労働者は安衛法に規定された雇い入れ時 。 原則として検査項目の省略は認められませんが、医師による健康診断を受けてから3カ月以内の場合でその結果を証明 。 ですから、 仮に入社の直前に雇い入れ時健康診断を実施した場合に、その結果だけを理由に採用の内定を覆すことはできません このような場合には、人事部などの会社側の人だけで判断するのではなく医師に判断を仰ぎ、慎重に十分検討した上で判断。

まずは内定先に質問し、分からないという回答が来たら受診先に「雇い入れ時の健康診断なのですが…」と訊けば教えてもらえます。その項目を内定先に「この項目と言われたのですが間違いないでしょうか?」と確認すればOKです。内定先に相談された方がよろしいかと。経営者ですが質問のある場合は答えますよ。個人的には質問にあるもので大丈夫とは思いますが、企業によって必要だったら困りますのでね。。

転職時に健康診断書の提出が必要。 転職活動において、最終面接前や内定後には、健康診断書の提出を求められることがあります なぜなら、健康診断は、健康診断を実施している病院や機関ならどこでも受けることができるからです なぜなら、雇入れ時健診と会社で実施する年1回の定期健康診断は、検査の項目が同じだからです なぜなら、労働省職業安定局が平成5年5月10日付で出した通知では、「雇入時の健康診断は、常時使用する労働者を雇い入れた際における適正配置、入職後の健康管理に役立てるために実施。

雇入時健康診断の結果を理由にして不採用?内定取り消しはできない。内定者や新入社員に雇入時健康診断を受けさせたほうがいいかどうか」と迷うようなものではなく、受けさせることは義務なのです 指定された項目の検査結果が全部そろっていれば、必ずしも企業からの指示で受診する必要はありません。転職で健康診断書が求められたら。 内定や最終選考など、転職先がほぼ決まった段階で、会社側から健康診断書の提出を求められることがあります 転職先に内定したときに受ける検査項目は、『労働安全衛生規則第43条 雇い入れ時の健康診断』が定める以下の11項目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です